TOP > 買取ブランド品 > ブランド時計 > ロレックス > ロレックス3大機構「日付表示」

ロレックス3大機構「日付表示」

目利きの質屋さんロレックスの日付表示「デイトジャスト機構」についてご説明します。

ロレックスのデイトジャスト機構

ロレックスに限らずブランド時計によくある、ダイヤルの3時方向の小窓にある日付表示。このデイト機能を最初に実現したのがロレックスでした。
1945年、ロレックスは小窓の日付が毎日1回夜0時ちょうどに瞬時に切替わる「デイトジャスト機構」を発表しました。

機械式ブランド時計は、時針、分針、秒針、すべてをゼンマイひとつで動かします。日付が記入された円盤も同じゼンマイで動かすため、本来であれば円盤がゆっくり回転して日付表示が切替わっていくことになります。
ロレックスデイトジャスト機構は日付の円盤にスプリングなどを加えることで、日付が瞬時に切替わる視認性の高いデイト機能を実現しました。

ロレックスのデイト機能は、1954年に日付を約2.5倍の大きさに見せるサイクロップレンズの登場により、他社のブランド時計と比べ物にならない実用性を誇りました。

ロレックス/デイトジャストとロレックス/デイト

デイトジャスト機構を備えたロレックスロレックス/デイトジャストといいます。
ロレックス/デイトとは、デイトジャスト機構のないデイトのロレックスという意味のはずですが、1980年代に入るとロレックス/デイトにも日付の瞬時切替え機能がセットされ、ロレックス/デイトジャストロレックス/デイトの機能的な差はなくなりました。

近年では、ロレックスのスタンダードモデルの高級ブランド時計ロレックス/デイトジャスト、普及品のブランド時計ロレックス/デイトと区別しているようです。
ロレックス/デイトジャストロレックス/デイトは統合されることなく、それぞれの路線で新作が発表され続けています。

質屋さんのブランド品検索

買取品カテゴリー

ブランド時計カテゴリー

買取ブランド品カテゴリー

会員登録

質屋さんドットコム 店舗紹介

稲毛質店(千葉)
全国質屋組合連合会会員
千葉県質屋協同組合会員
古物商許可
千葉県公安委員会許可
第441340000503号
質屋許可
千葉県公安委員会許可
千葉西第9号
Copyright© 2017 質屋さんドットコム .All Rights Reserved. 当ホームページは稲毛質店(千葉県千葉市)が運営しております。
"