TOP > 買取ブランド品 > ブランド時計 > ロレックス > ロレックス用語(モデル編)

ロレックス用語(モデル編)

目利きの質屋さんがロレックス用語の用語の中からモデルタイプに関する内容をご説明します。

アンティーク「バブルバック」

1940年代から1950年代に生産されたロレックス/オイスター・パーペチュアル
特徴は、ケース底が泡のように膨らんでいることです。ノンオイスターのムーブメントに自動巻きローターを取り付けたため厚みがあります。

アンティーク「手巻きモデル」

1930年代ごろまでに登場した手巻きのロレックスが中心。
一目でアンティークと感じるアンティークロレックスのスタンダードタイプです。

スペシャルモデル「赤サブ」

文字盤の「SUBMARINER」が赤文字のロレックス/サブマリーナ
生産数が非常に少ないレアモデルの代名詞的なロレックスです。

スペシャルモデル「赤シード」

文字盤の「SEA-DWELLER」が赤文字のロレックス/シードゥエラー
赤サブ同様、生産数が非常に少ないレアモデルの代名詞的なロレックスです。

スペシャルモデル「ポールニューマン」

エキゾチック・ダイアルをセットしたロレックス/デイトナの通称です。
俳優のポールニューマンが、本当にこのモデルを愛用していたかは不明です。

モデル「スタンダードモデル」

スポーツモデルに属さない「オイスター・パーペチュアル(防水・自動巻き)」のモデル。
ロレックス/デイトデイデイト、デイジャストなどがロレックスのスタンダードモデルの中心です。

モデル「スポーツモデル」

ロレックスのブランドイメージの中心となるスポーティなモデル。

ロレックス/サブマリーナ、エクスプローラー、デイトナ、GMTマスターなどがロレックスのスポーツモデルの中心です。

モデル「ドレスモデル」

ドレスモデルとスタンダードモデルは同じ意味です。

質屋さんのブランド品検索

買取品カテゴリー

ブランド時計カテゴリー

買取ブランド品カテゴリー

会員登録

質屋さんドットコム 店舗紹介

稲毛質店(千葉)
全国質屋組合連合会会員
千葉県質屋協同組合会員
古物商許可
千葉県公安委員会許可
第441340000503号
質屋許可
千葉県公安委員会許可
千葉西第9号
Copyright© 2017 質屋さんドットコム .All Rights Reserved. 当ホームページは稲毛質店(千葉県千葉市)が運営しております。
"