TOP > 買取ブランド品 > ブランド時計 > ロレックス > ロレックスとチュードル

ロレックスとチュードル

目利きの質屋さんがロレックスのディフュージョンブランドであるチュードルについてご説明します。

ロレックスとチュードルの誕生

ロレックスとチュードルの誕生

チュードルロレックスがイギリスでのブランド時計普及のため、1943年に立ち上げたブランドです。イギリスにはロレックス本社があります。

1940年頃のロレックスは「オイスター・パーペチュアル(防水・自動巻き)」という高度な技術を投入するために、ブランド時計の価格が、一般人の手が届かないほど高額になってしまいました。
そこでロレックスには手が出せない一般ユーザーにも購入可能な廉価版ブランドを立ち上げたわけです。
チュードルのブランド時計は他社パーツをロレックスの技術で組み上げたもので、性能はそのままに価格を半分以下まで抑えることに成功したといわれます。

チュードルは、チュードル/サブマリーナーなど、本家ロレックスと同じラインナップが取り揃えられており、手軽にロレックスの魅力を楽しめます。

ちなみに日本にはチュードルの正規代理店がありません。個人輸入か質屋などバイヤー経由で入手することなります。チュードルの修理は日本ロレックス社で受付けてくれます。

ロレックスとチュードルのシンボルマーク

チュードルの名称はイギリスの「名門チューダー家」に由来します。
ロレックスのクラウンマークに対して、チュードルのシンボルマークは「盾」と「薔薇(バラ)」です。盾はチューダー家の家紋から、バラはチューダー朝イギリスの紋章に由来しており、どちらもイギリス人になじみの深いシンボルです。

チュードルロレックスのパーツと他社パーツを混成して生産されます。
チュードルは文字盤には「TUDOR」の文字と「盾」か「バラ」が刻まれていますが、ロレックスから流用したブレスなどのパーツに、ロレックスのクラウンマークが刻まれていることがあります。

ロレックスとチュードルのモデル

ロレックスとチュードルの誕生

チュードルブランド時計ロレックスと同様のラインナップを揃えてきたが、最近ではラインナップからデザインまで、ロレックスとは離れて独自の路線を進みつつあるようです。

チュードルの基本的なモデルは4種類です。

ロレックス/サブマリーナーに相当するダイバー用ブランド時計。最新モデルのチュードル/ハイドロノートは独自のデザイン性です。

ロレックス/デイトナに相当するクロノグラフはチュードル/クロノタイムです。
ロレックス/デイトナが3時、6時、9時の3カ所にインダイアルがありますが、クロノタイムは12時、6時、9時の3カ所にインダイアルがあります。

ロレックス/エクスプローラーのチュードル版ブランド時計チュードル/レンジャーですが、こちらはすでに生産が終了しました。

最後のモデルはスタンダードモデルです。
ロレックス/デイト、デイトジャスト、デイデイトにあたる、チュードル/プリンス・デイト、プリンス・デイデイトなどがラインナップされています。

質屋さんのブランド品検索

買取品カテゴリー

ブランド時計カテゴリー

買取ブランド品カテゴリー

会員登録

質屋さんドットコム 店舗紹介

稲毛質店(千葉)
全国質屋組合連合会会員
千葉県質屋協同組合会員
古物商許可
千葉県公安委員会許可
第441340000503号
質屋許可
千葉県公安委員会許可
千葉西第9号
Copyright© 2017 質屋さんドットコム .All Rights Reserved. 当ホームページは稲毛質店(千葉県千葉市)が運営しております。
"