質屋に預けた物が「質流れ」になってしまうときはどんなとき?

手持ちのブランド品などを担保に質屋からお金を借りることができる「質預かり」というシステムをご存知ですか? 大切な品物を手放さなくて良いのが最大の魅力ですが、場合によってはその品物が手元に戻ってこないこともあります。今回は、質預かりを利用する上で知っておきたい「質流れ」の仕組みについて、詳しく解説します。

質流れとは

質屋に自分の持っている物を預けて、その金額に相当するお金を借入れする「質預かり」。預けた品物は、期間内に借入れた金額とその利息を支払うことで取り戻すことが可能です。では、万が一、その支払いができなかった場合にはどうなるのでしょうか? 質預かりでは、自分の物を「担保」として質屋から融資を受けているわけですから、当然のことながら決められた期限までに返済をする義務が生じます。その期間内は、預けた品物の所有権は自分にありますが、定められた期日を1日でも過ぎてしまった場合には、その品物の所有権は質屋のものとなるのです。このように、一時的に預けていたものが取り戻せなくなる状態を「質流れ」と言います。預けた品物が質流れになった場合には、融資を受けた金額とその利息を支払う必要はありません。ただし、一旦質流れとなってしまった品物は原則として返してもらうことはできないので注意が必要です。大切な品物を手放さずに融資を受けるのであれば、こうした仕組みをあらかじめきちんと理解しておくようにしましょう。

 

 

質流れになる期間は?

質預かりを利用した際の元金返済日のことを「流質期限」と

言います。この期限を過ぎてしまうと、預けている品物は質流れとなってしまうため注意が必要です。流質期限は店によってそれぞれ異なるため一概には言えませんが、「質屋営業法」では原則として3カ月未満と決められていて、店舗によっては流質期限が1カ月未満と短いところもあります。そして気をつけなくてはいけないのが、質屋に預けている品物は流質期限が過ぎた場合、自動的に質流れになるということ。質入れして融資を受けたもののうっかり忘れたままでいると、大切な品物を手放すことになってしまいます。質屋から期日に関する連絡はないものと理解し、自分でしっかりと流質期限を把握しておくことが大切です。

 

 

質流れを阻止するには

質屋に預けている品物の流質期限が近づいているものの、返済するお金が足りないという場合にはどうしたら良いのでしょうか。流質期限までに返済できなかった品物に関しては、自動的に質流れになるのが原則ですが、どうしてもその品物を手放したくないという場合には、利息だけを支払って流質期限を延期してもらい、質流れを防ぐという方法もあります。ただし流質期限の延期は質屋によっても対応が異なるため、必ず認められるとは限りません。質預かりを利用する際には、あらかじめ延期に関す

る項目をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

質流れしてしまった品物を取り戻したいという場合には、質屋が後日その品物を売り出したときに購入するという方法もあります。ただし、「借りた金額+利息」よりも高額になってしまうことがほとんどですので、注意が必要です。

 

コロナ禍の質屋

「質屋は不況だと、儲かるでしょ?」
そんなふうに聞いてくるお客様が、意外といらっしゃいます。不況で生活資金が不足し、質屋にお金を借りにくるというイメージのようです。

特に2020年から2021年現在、世界はずっと新型コロナウイルスの脅威と戦っています。感染してもしなくても休職や退職に追い込まれる方も増え、自営業や飲食は自粛で営業苦。資金力のあるチェーン店さえ大量閉店に追い込まれています。その中で、生活資金不足で質屋に訪れる方は増えているのでしょうか?
残念ながら、決してそうではありません。むしろどのお店も、お客さんが大幅に減って苦しんでいます。

「どうして? お金がないからみんな借りたり、売ったりするんじゃないの?」
そのように言われることがよくありますが、たしかに、そのような方も少なくありません。しかしそれ以上に「プラスアルファのお金が欲しい」から質屋を利用する方が多く、そうしたお客さんの足が遠のいています。
現在は誰しも、生活を維持することで手一杯。遊びや外出にお金を使うことが少なくなっているそうです。給付金や手当などで、生活することはキープできている方が多いと聞きます。そのため「生活するお金が欲しくて、質屋を利用する」という人は少なくなってきました。

もし金銭的に余裕があっても店舗が休業していたり、時間短縮営業。旅行も控え、外出も減らす。遊べる場所も限られる。そうなるとお金があっても使い道がないため「遊ぶお金を作りたいから、一時的に質屋に借りよう」という層も減ります。お金回りが厳しくなると生活をまず重視するので、いろいろな欲も落ちます。 結果として、不況になると質屋は預かりの量が減ってしまうのです。

一方、買取はどうでしょうか?
品物を取り戻すのにお金がかかる質預かりと違い、売ったお金が完全に自分のものになる買取なら、生活を潤すためにも余裕を作るためにも増えそうに思えるかもしれません。しかし実際には、質預かりと同じく減っています。
質預かりを使用している方々は、もともと預かりから出して再び自分のものにしたいので、売る人は少ない傾向。そうでなくても断捨離ブームがとうに過ぎた現在、価値のある品物は処分が終わっている人も少なくありません。お店は閉店が続き、頻繁に買い物をする人も減ったので、そもそも売るものもない。遊ぶ場所もないし生活できているから、特に余剰なお金も必要なく、売る気もない……そういった方が増えて、アイテムの買取も減っています。買取があまり減っていないのはコロナ前より格段に相場が上がっている貴金属や、掛け率の高い金券など価格が安定したものが多いように感じます。

特に新型コロナウイルス感染者が爆発的に増加した初期に顕著でしたが、入国措置や輸出入が停止すると、海外のブランド品も入ってきません。工場自体が停止している企業もあります。家電なども海外で生産しているものが多いため増産できなくなり、または入ってこなくなって、結果として日本国内での物流が滞りました。そのため新品の流通も減り、品切れが続出。それらの相乗効果で、質屋や買取店への持ち込みも減ってしまっているのが現状です。

 


現在、お客さんが減って苦しんでいる業界は数多いと思います。特に飲食、次いで接客業も顕著で、アパレルの苦境などがニュースでよく採り上げられます。質屋や買取店も、同じく「接客業」です。そもそも訪れるお客さんが減っているのを、肌で痛切に感じる業種です。


どのお店も、よく言われる「コロナ前」から比較すると来客数が激減していると聞きます。貴金属やブランド品にこだわらず、多角的に取扱品を増やしている店舗はがんばっていますが、いわゆる昔からの質屋は廃業も視野に入れている店舗が少なくありません。それでも質屋は持ち家なので踏ん張れていますが、家賃や人件費などが発生する買取店は閉店が続いています。そんな状況でも質屋を訪れるお客さんから、冒頭の言葉をよく耳にするのは「質屋は苦しい時に助けてくれる」というイメージが定着してこそ。そう考えると嬉しいことですし、信頼感のありがたみを感じますね。何事も、苦しい時はお互い様。質屋があなたの苦境を、手助けできれば幸いです。

古いカメラも値段がつくの?

古いカメラも値段がつくの?


フィルム時代のカメラは高価なものが多く、マニュアル操作のMF機一眼レフはみんなの憧れ。購入当時は「給料の何ヶ月分」もしたという、思い入れの強い「相棒」。ところが査定額は極端に低かったり、値段をつけることもできなかったり……。どうしてそんな現状なのでしょうか?

最大の原因は、先に記述した「デジタルカメラの高性能化・廉価による普及」「スマートフォンの一般化」。つまりは技術の向上とデジタルの一般化により、フィルム構造のアナログ機種全般の需要が激減していったのです。

「実用の撮影機種として」の価値は、一部の専門カメラマン以外には、ほとんどなくなってしまいました。よって、買い取ってもそのまま使用する方がほとんどいないのです。
まだ実用する方がいて、どこか一部が壊れることが多いマニュアル機(MF機)は、その修理用パーツとしての需要があります。ただしマニュアルなら何でもというわけではなく、修理してでも使いたい人気機種に限られます。
あるいはキヤノンやニコンの初期モデルなどは、コレクター価値があります。しかし、コレクション価値は希少性から発生するので、一般にひろく普及していた機種では期待できません。

転じて、オートフォーカス(AF機)は現在デジカメのオートフォーカスが一般的になっているため、修理してでも使いたいという需要がほとんどありません。AF機を廉価にしたコンパクトカメラも同様で、コレクター価値もほとんどありません。よってオートの時点で買取はかなり厳しくなります。
その中でもメーカーや機種によっては価値があるものもあり、ライカのカメラや、ボディにチタンを使用したコンタックスなどはコレクター価値が出ています。
レトロ感あふれてパッと見ると価値がありそうな、マミヤの中版カメラやヤシカの二眼レフカメラなどは、一般のフィルムが使えないため実用性がありません。VHSなどのムービーも実用性がほぼなく、パーツとしても需要がありません。希少な機種を除いてコレクション価値も高くないので、インテリア需要程度に絞られてしまいます。

マニュアル機だけは画素数に限らず高性能なため、比較的昔の機種でも値段はつきやすい傾向です。それでも価値は常に変動しているので、価格として強くは期待しないほうがいいでしょう。

 

カメラにつきものの、レンズはどうでしょうか?
まず大前提として「マウントありき」の視点から始まります。
マウントとは、レンズをボディに装着する部分の形のこと。これがメーカーにより異なるため、需要が低いメーカーのレンズは装着することができず、使用できないため価値が出ません。
そのうえで、マニュアル機向けのレンズはまだ需要があります。特に広角レンズや魚眼レンズなどは、今でも探している人が少なくありません。

フィルムもデジタルもレンズも、総合的に「状態」によります。
何についてもキレイなもののほうが値段もつきやすいですが、カメラ類は特に、構造が複雑で実用側面が強いので、状態による価格の影響が強く出ます。
使用による汚れやキズだけではなく、保存状態によるカビ、使用感と保存状態が出るボディのフィルムかすなど、メンテナンスを怠るとすぐに何らかの難点が出ます。特にカビは要注意。カメラの内部や、レンズ内部のカビは致命的。時計のオーバーホールさながらに、すべて分解しないと掃除ができないからです。
普段から除湿されている保管庫に入れるなどできればいいのですが……実際には管理が難しく、日本の多湿な気候にさらされ続け、カビてしまいがちです。
そのような状態になると中古品・実用品としての視点ではなく、パーツとしての価値しかなくなります。動作が保証できない「ジャンク品」と呼ばれるものですね。そうなると価格はもちろん、一気に下がってしまいます。

 

以上、古いカメラについて記述してきましたが、長年使用してきた「愛機」は手放しづらいもの。愛情があるからこそ、査定額にがっかりしてしまうんですよね。むしろ買取に出すより質預かりを検討したり、あるいは大切に保管しておくことも選択肢に入れると、愛用した気持も手放さずに済みます。
買取店や質屋は、お客さんの「思い出」に値段をつけることはできません。あくまで「現在の状態と、現在の中古相場」でしか値段をつけられないのです。
だから値段だけではなく、思い出と一緒に「あえて手放さない」という選択肢をとるのも、悪いことではないと思いますよ。

【その記念硬貨、銀行に持っていきませんか?】

さまざまな機会に発行される、記念硬貨。
有名なものでは1964年(昭和39年)の東京オリンピック1,000円銀貨から、500円銀貨、100円のニッケル硬貨など、実にさまざまなものがあります。
でもその記念硬貨、実はプレミア的な価値があるものはほとんどないのです。

 

「プレミア」というものについて。
プレミアとは、言わば「希少価値」。世に存在する数が少なく、しかし求めている人が多くいる。つまり「供給が少なく、需要が高い」ものがプレミア価格として流通するのが世の常です。
コレクターが多い高級な腕時計や、生産数の少ないホビーの限定品などに興味があれば、その「バランスの崩れ」がプレミア価格になっていることがわかるかと思います。

それでは、貨幣と言わず、古銭一般はどうでしょうか?
答えは「多くのものには、額面以上の価値はない」となってしまいます。
理由は簡単。基本的に紙幣・貨幣は発行枚数がケタ違いにとても多く、また金銭として流通するものなので、保管状態がいいものは稀だからです。
江戸時代の穴あき古銭なども、専門家に依頼すれば話は別かもしれませんが、一般家庭にある多くは「通用銭」。つまり現在の10円や100円のようなものなので、珍しいものではない場合がほとんどです。

最も見かけるのは「100円や500円のニッケル硬貨」「板垣退助100円札」「聖徳太子5,000円札・10,000円札」あたりでしょうか。
これらはすべて、さきほどの「穴あき硬貨の通用銭」と同じ理由により、価値がありません。たとえば今現在、誰もが使用していて世に溢れている財布の中のコインや紙幣が、数十年後にプレミアとなる可能性がまずあり得ないことと同じです。現に、一時期大量に発行された2,000円札は、今でも2,000円の価値しかないことでわかると思います。
特に古い紙幣は、紙幣が発行されてごく初期のものや、ごくごく一部の希少なものを除き、ほとんどは「保管シミなし」「ピン札(完全未使用)」で「100枚完封(帯でまとめられた状態)」などの条件をもって、ようやくわずかな価値がプラスされる程度だと思われます。
貨幣は素材がニッケルや合金だった場合、その時点でプレミア価格になるものはほとんどありません。

 

 

金貨や銀貨は?
多くは貴金属として見るほかなく「素材と重さ計算ありき」になってしまうのが実情です。ネットオークションなどに出品されたアイテムとしての中古流通額も、ほとんどはグラム計算をベースに相場ができています。そうなると、銀はグラム単価がとても安いので、銀貨のほとんどは額面を下回る価値になってしまいます。近年では、1964年東京オリンピックの1,000円銀貨と100円銀貨がわずかに額面を上回る程度。そのため買取店では1割増し程度で買い取る店もありますが、少額のため、質屋さんの多くは取り扱っていません。

金貨は「皇太子殿下御成婚記念5万円金貨」「天皇陛下御即位記念10万円金貨(平成2年発行、30g)」などごくごく一部の金貨は、重さの計算をすると額面を上回るので、額面越えの買取が可能です(ただし、販売時はそれよりも高い予約注文品だったので、販売額より下回ります)。
また希少価値がある「1円金貨」や「1円銀貨」などは、それこそプレミア価格としてネットオークションなどで取引されています。
同じ10万円金貨でも、「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(昭和61年発行)」は20gなので、グラム計算をするとレートによっては額面を下回る可能性があります。またプレミア価格もついていないため、売却する時期の金相場がすべてです。

以前はコイン収集ブームがあり、多くのコレクターがいたため「額面・発行年別」で価格が推移していました。「ギザあり10円」「昭和64年」のコインが高騰化したこともありましたが、現在はネットオークションなどでわずかに価値が出ている程度。
当時のコレクターは高齢のためコレクションを手放すなどして少なくなり、あわせてコイン専門店もほとんどなくなっています。そのため需要が激減し、多くの買取店や質屋さんでは記念硬貨を取り扱わなくなっています。
そのため昔のブームを思い出して「もしかすると価値があるのでは?」という気持になってしまいますが、買取店に持ち込むと厳しい評価をされてしまうことが多いのです。

 

 

それでは、損をしない方法は?
「銀行に持っていき、通帳に入金する」ことです。
そうすれば窓口での対応になりますが、額面通りの金額が通帳に入金されます。
プレミア価格になるものは「一般家庭にあることが稀な、歴史的価値がある古銭」「地金価格が上回っている金貨」ぐらいなので、ほとんどは額面通り。そのため金貨でもない限り、最初から銀行に預けてしまったほうがスマートな方法かもしれません。

この「銀行への預け入れ」の方法があるため、質屋さんでは「額面を基準にした質預かり」が可能です。つまり、聖徳太子1万円札や5,000円札などを、何割か落とした額を貸し出して預かることができます。いざ質流れとなった場合、その品物が銀行へ入れれば確実に1万円や5,000円になるためです。

なお、買取店にもよりますが、海外の古銭については「重さがある金貨・銀貨」「コレクター価値のある金貨・銀貨」「ドル紙幣」「コレクター価値のある中国の古銭」ぐらいしか買取の対象にならないと思われます。
金貨・銀貨に関しては日本のものと同じ理由です。ドル紙幣は海外に行く方が使用するため、現在のドル価値より低めで中古取引されるケースが多くあります(つまり、額面より低い価格での買取になります)。
中国の古銭は業者価値が出ている紙幣や一部のコインのみ、ネットオークションなどで取引されています。
その他の国の古銭は金貨・銀貨以外、おおむね厳しそうです。なぜなら物価が常に変動すると同時に、現在の「ユーロ」のように、それまでの単位が消滅して使用することもできなくなっているものが多いからです。
しかしすべては買取店の基準によりますし、質屋さんでは全体的に取り扱いさえ厳しいと思います。

 


価値がなくても、コレクションとして大切にしている方も多いはず。
処分の際、がっかりしてしまう可能性もあるので、価値をつけるものではなく純粋なコレクションとして永く保管しているのもいいと思いますよ。

 

プラチナ製品のアクセサリーのお手入れ方法

「最高の貴金属」と称され、多くの人々の憧れとして愛されているプラチナ。その魅力はなんといっても、美しく輝く白銀の表情。天然の白色でできているため、その輝きは半永久的に褪せることはありません。とはいえ、毎日身に付けていると汗やホコリなどによる汚れは避けられないもの。プラチナの美しい輝きを保つためにも、日頃からしっかりとお手入れをしておくことが大切です。そこで今回は、プラチナアクセサリーのお手入れ方法について、詳しく解説します。

 

プラチナアクセサリーのお手入れに必要なもの

プラチナは科学的に見ても非常に安定した物質です。そのため、日常的に身に付けていても酸やアルカリなどの影響で錆びたり褪せたりすることはありません。とはいえ、使い方によってはほかの貴金属と同様にキズや汚れが付いてしまうことも……。定期的なお手入れを心掛けることで、こうしたキズや汚れといったトラブルをその都度解消していきましょう。プラチナアクセサリーのお手入れを行う際には、以下のものがあると便利です。

中性洗剤

お洒落着洗い用の洗剤や、食器用洗剤などがおすすめ。ない場合には、練り歯磨きでも代用が可能です。

洗面器

洗面所の洗い場でお手入れをすると、誤って流してしまう心配も。必ず洗面器を用意して、その中に水をためて洗うようにしましょう。

柔らかいブラシ

たわしなどのように硬すぎるブラシではアクセサリーの表面を傷つけたりメッキが剥がれたりしやすいので注意しましょう。柔らかめの歯ブラシなどがおすすめです。綿棒でも代用が可能です。

柔らかい布

タオル地は毛羽立ちがついてしまうこともあるため、ガーゼや手ぬぐいなどの柔らかい布がおすすめです。

 

 

プラチナアクセサリーのお手入れの方法

プラチナは腐食などに強い物質ですが、日常的に身につけるアクセサリーなどは、汗やホコリで汚れが付着したり、キズが付いたりしてしまうことも。特に日常的に身に付けているマリッジリングなどは、週1回程度のお手入れがおすすめです。それでは、具体的なお手入れ方法を見ていきましょう。

洗面器にぬるま湯を準備

洗面器やボウルにぬるま湯をためましょう。水でも大丈夫ですが、皮脂汚れなどはぬるま湯の方がきれいに落ちるため、ぬるま湯にするのがおすすめです。

漬け洗い

①のお湯に中性洗剤を少量溶かし、その中にプラチナのアクセサリーを入れて、数分待ちましょう。

隅々まで洗う

いらなくなった柔らかめの歯ブラシや綿棒などを使って、細かい部分を磨いていきましょう。黒ずみ部分がある場合には、特に念入りに磨きます。

すすぎ

ボウルの洗剤水を流し、再度きれいなお湯をためましょう。数回お湯をきれいなものに替えながら、しっかり汚れと洗剤を落としていきます。

乾かす

マイクロファイバーなどの柔らかい布を使って、プラチナについた水分を拭き取っていきます。このとき、しっかりと乾燥させるのがポイントです。

 

 

プラチナアクセサリーをお手入れするときの注意点

プラチナアクセサリーのお手入れは自分でも簡単に行うことができますが、その際には下記の点について注意が必要です。

目立つキズがある場合

プラチナアクセサリーに目立ったキズやヒビなどがある場合には、自分でお手入れをする前に修理に出すことが大切です。

宝石が複数ついている

プラチナの表面に複数の宝石があしらわれているものや、デザインが細かいものなどは、自分でお手入れをするのではなく、プロにお任せするのが安心です。

異素材が使われている

プラチナ以外にも異なる素材が組合わされている場合には、お手入れ方法によって片方が変色してしまう恐れも。心配な場合には、プロにお任せしましょう。

プラチナアクセサリーの美しい輝きを長く保つためにも、上記の内容を参考にしてこまめなお手入れを心掛けましょう。プラチナの状態に心配な箇所がある場合には、プラチナアクセサリーのメンテナンスをしてくれる専門店へお願いするのが安心です。