婚約指輪・結婚指輪を売りたい!質入れしたい!

プロポーズに必須の、婚約指輪(エンゲージリング)。また永遠の愛を誓う、結婚指輪(マリッジリング)。

婚約指輪は古代ローマ時代から婚約の証として用いられ、中世以降は宝石を飾ることが主流に。15世紀ごろからはそれがダイヤモンドになり、19世紀末に定番化。日本では戦後になって婚約指輪が定着しました。
一方で結婚指輪は結婚の証であり象徴となり、異性が近づいてくる可能性を減らす効果も含みます。13世紀ごろのヨーロッパで一般化し、日本では明治時代後半に伝わり、キリスト教式の結婚式が増えるにつれて広まり、大正時代に定着しました。定着した時代に差があるので、ご年配の方には婚約指輪がなく、結婚指輪だけという方も多いようです。

どちらも人生で大きな側面に関わるものですが、事情により不要になる方や、結婚指輪を5年・10年単位などで定期的に買い替える方も少なくありません。
特に結婚指輪は結婚当時の幸せな気持を思い出させてくれるだけでなく、結婚後の生活を送る中で困難が訪れた際、助けになってくれる期待も込められています。だからこそ貴金属で作られているというお話もあります。
それでは、その買取や販売についてはどうなっているのでしょうか?

 

■婚約指輪・結婚指輪の買取(または質預かり)


どちらも純粋に「貴金属」として、重量での計算をしての買取になることが一般的です。というのも、これらの指輪には内部に彫りが入っているものがほとんど。結婚した日付やイニシャルなど、あくまで「その人のもの」として指輪は存在しています。

そのため買取後、それをそのまま販売しても買い手がつきません。イニシャル入りの財布は気にしないで使う方もいますが、指輪は前オーナーを象徴する刻印があり、込められた意味が重いので、需要がほとんどないのです。
よって買取後は、溶かして貴金属として再生します。そのためどうしても重さと金相場をかけ合わせた買取になってしまうのです。仮にデザインの凝った特注品でも、それをそのまま再販できる可能性は見込めません。デザイン料が高かったものも、買取の場合はほとんどすべてが「重さ」です。
中にはごく一部「彫りが入っていて再販できないから安くなる」などと言って査定額を落とす業者も存在するようですが、再販ではなく溶かして再利用するので、その理屈はおかしいことになります。そういうケースでは販路を追求してみましょう。

なお、指輪そのものが価値の高い品物として流通するティファニーやカルティエなど一部ハイブランドであれば、彫り部分を削っての再販なども視野に入りそうです。その場合は中古相場が純粋な重さ計算より高くなっていることが多いので、そこを基準にして加工賃やソーティング料などを引いて買取額を考えることになるでしょう。
以上の買取目安を基準に、質預かりも可能です。店舗によって金額が異なると思いますが、ほとんどのお店では婚約指輪も結婚指輪も買取・質預かりどちらの対象にもなります。

 

■婚約指輪・結婚指輪の販売


ここまでお読みいただけるとわかるとは思いますが、結婚指輪をお店に置いても探しに来る方はごくごくわずか。しかもサイズはおろか、イニシャルや日付の彫りが完全に一致することは、まずないでしょう。
そのため、ごくまれに中古品の結婚指輪を探しに来られる方がいらっしゃいますが、ほとんどの中古取扱店にはありません。売っているリングを購入し、あとで号数の調整や彫りといった加工を施すのであれば可能ですが、それもペアで見つかる可能性はきわめて低いでしょう。それであれば、男性が女性に贈る婚約指輪のほうが可能性はありそうです。
人により事情が異なるので、格安のものを探しているのか、デザインのいいものを探しているのかはわかりませんが「すぐに使える結婚指輪」を中古品で探せる可能性は、ほぼゼロに近いと思います。
買取もしている宝飾専門店であれば、自店で加工できるので多少は可能性があるかもしれません。しかし指輪の素材やデザインにも流行があるので、再販を望めるものはごくわずかでしょう。

 

■どちらも大切な「記念品」


婚約指輪・結婚指輪ともに、想いと意味が込められた大切なもの。
婚約指輪は若く裕福ではない中での努力の象徴として、結婚指輪は絶え間ない夫婦の愛の証として、ともに「その人一個人の」大切なものとして輝いています。
大半の人は「一生に一度」になるもの。それならせめて、購入する場合は中古ではなく新品を検討してみませんか?
あるいは売却をためらっている方も、思い切りが必要かもしれません。お客様の中には「これがあることで、ずっと縛られている気分になる」という理由で売却を決める方もいらっしゃいます。売ってしまうことで、指輪に込められた「意味の重さ」から解放されるようです。

売却や質入れにあたり「婚約指輪だから……」「結婚指輪を出すなんて……」などと言わず、ぜひとも拝見させてください。
込められた想いに値段をつけることはできませんが、ささやかながらお手伝いをいたします。

貴金属、金プラチナを売るときに見てください!

貴金属買取の基本

「こんなに高くなるの?」と言われることも多い反面、「もっと高く売れると思ったのに……」という方も少なくない、貴金属アクセサリーの買取。貴金属の買取は基本的に、算出方法はほとんどの買取店では同じです。ただしグラム単価が異なるので、店舗による開きが生じます。ここでは改めて、貴金属買取の計算方法をまとめてみましょう。

(1). 基本は「貴金属の金質」×「グラム計算」
貴金属には、金であればインゴット(延べ棒)の「純金(K24)」やアクセサリーに多い「K18」、近年では安価なアクセサリーに多く使われる「K10」といった純度があります。プラチナの場合は「純プラチナ(Pt1000)」やリングやペンダントヘッドに多く使われる「Pt900」、ネックレスに多く使われる「Pt850」が一般的。昔の基準で「Pm」のみのものや、「Pt650」など純度が低いものもあります。まずはそれらの貴金属純度により、グラム単価が変化します。

金の場合は「インゴット > K24製品 > K22 > K21.6 > K20 > K18 > K14 > K12 > K10 > K9」
プラチナの場合は「インゴット > Pt1000製品 > Pt950 > Pt900 > Pt850 > それ以下の純度」
こうした純度が一般的で、数字が大きいほうが純度が高く、グラム単価も高くなります。また同じ純金や純プラチナでも、インゴットのほうがリングやネックレスといった製品よりグラム単価は高くなります。

その純度による買取店ごとのグラム単価と、計測したグラムを掛け算するだけで、買取額が算出できるのです。
計算上、ほとんどのケースでは末尾の数字は細かくなりますが、それはきちんとしたグラム単価で計算している証拠です。逆にゼロが並んだきれいな数字になっている場合は、グラム単価を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

(2). ダイヤモンドはプラス評価
もしもダイヤがついている場合、グラム計算して出した数字に評価をプラスします。0.3ct以上の一粒ダイヤとして評価できるものはひとつずつ評価されますが、それより小さいメレダイヤは「1ct分でいくら」とまとめて計算されます。純粋なグラム計算だけと違い、ダイヤのプラス評価によって切り上げられ、末尾の数字がきれいになっていることが多い傾向です。
なお、正確には1ct=0.2gの重さを総重量から差し引いてグラム計算します。

 

(3). 色石の評価は難しい
ダイヤ以外の、カラーが入っている「色石」は評価できるものが限られており、大粒のルビーやサファイア、エメラルドなど。
それ以外の評価できない色石の場合、除外してグラム計算しなくてはなりません。そのためおおよそのグラム数を考え、総重量から差し引いて計算することになります。そのため10gほどある大粒のパールリングも、パールが評価されない場合は数グラムの計算になってしまうことも少なくないのです。
色石が評価から除外される場合、外してもマイナスにならないよう、石の重さは多めに考えられます。そのためどうしても概算になってしまうのですが、正確に計算してほしい場合は石を取ってもらいましょう。しかし石は戻すことができないので、先にグラム単価を聞き、納得したうえで外してもらうことが重要です。

(4). デザインのプラス評価は特例
多くの方が、買い取ったアクセサリーはそのまま中古品として販売されるイメージがあるようです。しかし実際には古いデザインや彫りがあって二次販売が難しいものがほとんどなので、貴金属は溶かして精錬され、新しいアクセサリーの製造に使われます。
ごく一部、現在でも販売可能なデザインや、名のあるデザイナーによる特注品、色石が豪華なものなどに限られ、デザインのプラス評価がつけられることがあります。これは純粋なグラム計算よりも「販売用アイテム」として見るのに近い感覚です。

 

(5). ブランド品のアクセサリーはアイテムとしての査定になる可能性がある
貴金属製品でも、カルティエやブルガリといったブランド品の場合、中古流通市場がグラム計算以上になっている可能性があります。
その場合はバッグなどと同じ「アイテム」として考え、中古流通額から買取額を考えるため、グラム計算より高額になる可能性があります。
ただし、ブランド製品でもグラム計算と同等の金額になってしまうものも少なくありません。

以上が、貴金属買取の基本です。
この計算方法は多くの店舗に共通しているので、価格に開きが出る場合は各買取店によるグラム単価が異なっています。そのため売り慣れているお客様はグラム単価でお店を決めます。
もしもグラム単価を伝えなかったり、グラム数をごまかす店舗は利益幅を大きく取っている可能性があります。その2点をきちんと聞き出し、納得したうえで手放しましょう。


■どうして購入額と買取額に開きがあるの?
アクセサリー類は、販売されている時点では「商品」。つまり「原価にさまざまな価格がプラスされたもの」として売られています。
純粋な利益以外にもお店の家賃、従業員の費用、各種経費などなど、店舗経営にはお金がつきもの。そのため原価の数倍から数十倍で販売されているのです。デザイン料がかかっていたり、ブランド使用料が加算されているものも少なくないでしょう。
買取店の計算は店舗の基準で「貴金属の原価」を計算するだけ。そのため購入時の価格と買取額には大きな開きが生じます。

■なぜ査定額の印象が違うの?
冒頭に記しましたが、貴金属の買取額はきちんと計算しても、お客様によって印象が「高い」または「低い」に分かれがちです。
高いと感じるお客様は遺品整理など、当時の購入額や思い入れがない方が多い傾向です。そのため説明すると、計算方法などを納得していただけます。
逆に低く感じるお客様は、当時の購入額や色石への自己評価、アイテムとともに過ごした思い出など、思い入れが強いお客様が多いように感じます。
そのためグラム単価と重さでの計算を説明しても、現在より物価が高い当時の購入額を基準にして「半額ぐらいになるかと思った」という方や、色石の評価ができないため安く感じてしまう方もいらっしゃいます。アクセサリーをつけて過ごした大切な日々に対し、買取額が低いと感じることもあるようです。グラム単価ではなく「そのアイテム」として考えているため、齟齬が生じることが多いようです。

お気持は察するところがありますが、どうしても個人個人の思い出に価格をつけることはできません。
お客様の中には「これだけ使って少しでも戻ってくるなら充分」という方や「今までリースで分割払いを続けてきて、最後に還付金が残ったぐらいに考える」という方もいらっしゃいます。
貴金属とはいえアクセサリー、つまりは「モノ」なので、少しドライに考えないと手放せません。金相場が下落してから手放すのが、一番もったいない。しかし人間心理とは不思議なもので、一度処分をやめたものは、次に処分しようと考えた時、多少相場が下がっていてもあきらめて手放してしまいがちです。

 

金相場は常に上下する、言わば「ナマモノ」。
そのわずかな数字の上下よりも「売りたい」と思った時こそが、本当の売り時なのかもしれませんね。

中にはフェイクダイヤも!? ダイヤモンドの見分け方

女性にとって永遠の憧れでもあるダイヤモンド。数ある宝石の中でも圧倒的な人気を誇るが故に、偽造品も数多く世の中に出回っています。近ごろではインターネットなどでも簡単にダイヤモンドのアクセサリーを買うことができますが、念願のダイヤが偽物だった! なんてことにならないためにも、まずは偽物と本物の見分け方をしっかりと身に付けておきましょう。

 

フェイクダイヤとは?

フェイクダイヤというのは、その名の通り「フェイク(偽物)」のダイヤモンドのことです。偽物とは言え、一見しただけでは本物と見間違うような美しい輝きを持ったものもあって、普段使いのアクセサリーとしてフェイクダイヤを選ぶ方も少なくありません。その代表的なものが強い輝きが特徴の「キュービックジルコニア」です。ジルコニアというのはセラミックのことで、これにカルシウム、マグネシウムなどを加えてダイヤモンドのように見せています。天然のダイヤモンドは、地球の内部で炭素が果てしない時間をかけて結晶化したものですが、キュービックジルコニアは人工的に作られたものですので、物質的には全く異なるものです。硬さや重さなどにも違いがあり、もちろん価格も大きく異なります。

 

 

本物とダイヤモンドと偽物のダイヤモンドの見分け方

キュービックジルコニアをはじめとするフェイクダイヤモンドは、お手頃な値段で買うことができるのにダイヤモンドに近い輝きを持っているため、普段使いのアクセサリーとしても人気です。とはいえ、残念ながら世の中にはフェイクダイヤが本物として流通しているケースもゼロではないため、偽物か本物かの見分け方はしっかりと身に付けておくのが安心でしょう。では、具体的な見分け方についてご紹介します。

スクラッチテスト

最も簡単な方法がコレ。ダイヤモンドをいらないガラスの破片に擦り付けてみましょう。ダイヤモンドは極めて硬い物質ですので、本物であれば傷がつくことはありません。

息を吹きかけてみる

とても原始的な方法ですが、意外とわかりやすい見分けかたです。ガラスを曇らせるときの要領でダイヤモンドに息を吹きかけてみましょう。本物のダイヤモンドは熱伝導率が高いため、曇らせてもすぐに曇りがとれてしまいます。息を吹きかけただけでいつまでも曇っている場合には、フェイクダイヤの可能性が高いと考えるべきでしょう。

新聞の上に置いてみる

ダイヤモンドは屈折率の高い物質ですので、光が石を通過するときにかなり曲がります。そのため、本物のダイヤモンドは新聞などの上に置くと、下の文字を読むことはできません。 

ブラックライトを当ててみる

ネット通販などで比較的安く手に入るブラックライトを使ったテスト方法です。真っ暗な部屋の中でダイヤモンドにブラックライトを当ててみましょう。本物のダイヤモンドであれば、青くぼんやりと光るはずです。フェイクダイヤではそうはなりません。

 

ダイヤモンドが本物かどうかわからない場合には

手持ちのダイヤモンドが本物かどうか心配な場合には、質屋などのようにダイヤモンドの買取りをしているお店で鑑定をしてもらうのも方法のひとつでしょう。お店によっては直接持ち込んで鑑定をしてもらう方法や、宅配鑑定ができるところもあるのでおすすめです。

 

上記の方法で、ダイヤモンドの真偽は比較的簡単に見分けることができます。ダイヤモンドを購入する方も、既に手元に持っている方も、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

真珠の種類とそれぞれの特徴

可愛らしさと上品さ、両方の魅力を持った真珠のアクセサリー。身に付けた人の美しさを最大限に引き出してくれる真珠は、大人の女性ならぜひ持っておきたいアイテムのひとつです。真珠はその種類によって色や形といった特徴が細かく異なります。自分にぴったりの真珠を見つけるためにも、まずはその種類について詳しく勉強してみましょう。

 

真珠とは?

かつては宝石の王様とも呼ばれていた真珠。宝石といっても石ではなく、貝の体内で生成されるため「生体鉱物(バイオミネラル)」とも呼ばれています。真珠には、人が全く手を加えずに作られる「天然真珠」と、人の手によって母貝に核を入れて作る「養殖真珠」がありますが、天然真珠は希少価値が大変高いため、私たちが普段目にするアクセサリーなどの装飾用に使われている真珠は、そのほとんどが養殖真珠です。天然真珠は「人魚の涙」、「月のしずく」とも呼ばれて、解熱剤などの薬にも使われています。

 

真珠の種類について

真珠は養殖に使われる母貝の種類によって、光沢や色といった特徴が異なります。主な真珠の種類とその特徴を詳しくみていきましょう。

 

アコヤ真珠

日本近海に生息している「アコヤ貝」から採れる真珠のことで、日本で養殖されている真珠のほとんどがアコヤ真珠です。その歴史は非常に古く、古事記や日本書紀にも登場していると言われています。ホワイトやピンクホワイトといった定番色はもちろん、グリーンやブラックといった色のものもあり、貝の性質から美しい形状の球ができるのが特徴です。また、アコヤ真珠の中でも最高品質のものを「花球真珠」と呼んでいて、一般的な真珠と比べてその価値は非常に高くなります。花球真珠にはその品質を保障するための鑑定書がつけられているのも特徴です。

 

南洋真珠

オーストラリアやインドネシアといった南洋に生息している「白蝶貝」から採れる真珠のことで、母貝が大きく育つため真珠の粒も大きいサイズのものが多いのが特徴です。色はホワイト・シルバー、クリームゴールドのものが多く、華やかなアクセサリーなどでも人気の高い種類です。

 

淡水真珠

川や湖などに生息する「イケチョウ貝」という大型の二枚貝から採れる真珠のことです。日本では琵琶湖などでも養殖されていますが、多くは中国から輸入されています。以前は「淡水真珠=粒が小さく形が不揃い」というイメージが強かったものの、養殖技術が向上したこともあって、現在ではアコヤ真珠と同様の高値がつくものも増えてきました。

 

黒真珠

タヒチ近海の「黒蝶貝」と呼ばれる貝から採れる真珠で、「タヒチ真珠」とも呼ばれているものです。黒蝶貝から採れる真珠はそのほとんどが黒色で、中には緑や赤系のものもありますが、白真珠は作られません。黒真珠の中でも深緑色に赤みがかった反射が見られる「ピーコックグリーン」は、その美しさから大変人気の高い真珠となっています。サークル型に巻いた「バロック型」や、「楕円形」、「しずく型」など、球体以外にもさまざまな形があるのも魅力です。

 

アワビ真珠

宮城県や長崎県の一部で作られている「アワビ」を母貝とした真珠のことを指します。サイズが比較的大きなものが多く、淡い青、緑、桃色、紫といった上品で個性的な色味が特徴です。

 

マベ真珠

奄美大島や琉球列島をはじめとする熱帯、亜熱帯地域に生息する「マベ貝」から採れる真珠のことです。独特な輝きを持つシャンパンクリーム色のものが多く、形状も半球形のものが多くなっています。

 

ひとくちに真珠と言っても、その種類はさまざまです。真珠の購入をご検討の際には、こちらで紹介した内容を参考にして、お気に入りのものを見つけてみましょう。

電動ドライバの選び方

 

電動ドライバの選び方

あると便利な電動工具。
しかし「使いたいけど、どれを選べばいいのか、わからない……」という方も少なくないのではないでしょうか。中でも、最も需要があるのはインパクトドライバなどの電動ドライバ。悩んでいる方の多くは「一般家庭のネジ締め」を用途に考えています。組み立て式家具やネジの調整など、軽作業に向いた手軽なものを欲していることが多いと思います。


 

一般家庭の軽作業にプロ用高額モデルは必要ありません。
多くの電動工具メーカーは「プロ用」と「DIY用(一般家庭用)」のラインナップを揃えています。その中で「DIY用」から選べばいいのです。
家庭でのネジ締めには低いボルト数で充分。逆に高いボルト数のモデルはプロ用なので高額なうえに、パワーも機能も持て余してしまうはずです。またハイパワーになるほど本体も大きく、重くなりやすい傾向なので、職人さんでないと取り回しだけでも苦労してしまうでしょう。

長く使うことも大切ですが、家庭のネジ締めに使う程度で通電せずに放置していると、動かなくなってしまうこともあります。これはしっかりしたプロ用モデルでもあり得ることなので、高い買い物をして放置し、ダメにしてしまうことも考えられます。簡易的なものであれば、もし壊れて買い替えても、出費の面でも痛くないでしょう。

選ぶうえで機能やパワーより重要なのは、コンセント式かコードレスか。
近年、電動ドライバはコードレスモデルが一般化しています。電源の場所やコードを気にせず作業できるのは、掃除機と同じで可動領域がグンとアップするので動作できることが豊富になります。

「それでも、できればいいものが欲しい」という方には、電動ドライバではなく電動ドリルという手もあります。電動ドリルには「クラッチ機構」がついているので、ネジが奥まで刺さったと感知したら本体が自動的に回転を止めてくれます。しかもドリルなので、木の板などに穴をあけることも可能。DIY目的であれば使う可能性があるので、長い目線でドリルという考え方もいいと思います。
個人的にですが、私は小さくて保管もしやすいペンタイプのドリルドライバを愛用しています。小さくて曲げることもでき、取り回し抜群。パワーも家庭では申し分なく、小さな本体が引っかかるほど狭い場所には長さのあるビット(先端金具)を使えば問題なし。手で回せば手締めも可能なので重宝しています。

もうひとつ。「あるといいな」というのが「マルチツール」。
これは先端のアタッチメントを交換するだけで、多種多様な作業ができるもの。木材のカットや研磨、切断や剥離など、専門の道具を揃えなくてもさまざまなことができます。
使いこなすにはコツが必要ですが、自分の用途に合ったアタッチメントを買い足せばいいのでコスト面でも助かります。ちょっとしたDIYに向いており、専門工具の代用から、長く使う愛機にもなるかもしれません。

いかがでしょうか?
電動工具も、バッグや財布と同じく「なるべくいいものを」と思ってしまいがち。しかしバッグを大きさで選んだり、財布を小銭入れの有無で選ぶのと同じように、電動工具も自分の用途に合ったものを選べば、選択肢は絞ることができます。ひとつあるだけで、劇的に作業効率が上がる電動工具。
考え込まずに、いっそ軽い気持でデビューしませんか?