ダイヤモンドのカットの種類とその特徴

同じ色、同じ大きさのダイヤモンドでも、カットの仕方によってその印象は大きく異なります。特にダイヤモンドは“輝き”に価値が与えられる宝石ですから、輝きを左右するカットは重要な工程と言えるでしょう。ここでは、代表的なカットの種類と、その特徴をご説明します。

 

ブリリアント・カット

 

ダイヤモンドのカットの種類の中でもっとも有名なものが、1919年に宝石職人のマルセル・トルコフスキーが開発した「ブリリアント・カット」です。これは、数学者でもあったトルコフスキーが光の反射や屈折率などを考慮して作り出した58面体のカットで、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すよう計算されています。

ブリリアント・カットには、以下のような種類があります。

 

ラウンド・ブリリアント・カット

ダイヤモンドの輝きをもっとも美しく見せることで知られるカットです。上から見るときれいな丸型(ラウンド)になっています。このカットを行うためには、ダイヤモンドの原石を約半分の大きさにまで研磨しなければなりません。多くの犠牲によって初めて得られるその輝きは、昔も今も多くの女性たちの心をとらえています。

 

オーバル・ブリリアント・カット

上から見ると小判のような楕円形になっているカットです。ダイヤモンド以外の宝石にもよく用いられ、幅広い世代から人気があります。ラウンドと比べると表情が柔らかく、与える印象も穏やか。研磨によって失われる部分もラウンドより少ない場合が多いようです。

 

マーキス・ブリリアント・カット

上から見るとボートのような形状になっているカットです。マーキスとは、フランス語で「侯爵」のこと。18世紀半ば、ルイ15世が愛妾のポンパドール夫人にマーキスの称号を与えた頃にパリでこのカットが流行したことから名付けられました。細長い原石に対して用いられるカットで、カラット数以上にダイヤモンドを大きく見せるのが特徴。シャープな先端と優雅なふくらみが融合したスタイリッシュなシルエットが魅惑的です。

このほかにも、65面からなるハートの形が人気の「ハート・ブリリアント・カット」、

洋ナシ型の「ペアシェイプ・ブリリアント・カット」などさまざまなカットがあります。

 

ステップ・カット

宝石の外周が四角形になっているカットです。ファセットと呼ばれる切子面が、一番幅の広い部分(ガードル)に対して平行に削られており、横から見ると階段(ステップ)のように見えることからこのように呼ばれています。

ステップ・カットの四角形の角を削り取って八角形にしたものは「エメラルド・カット」と呼ばれ、その名の通りエメラルドによく用いられています。

 

ミックス・カット

ブリリアント・カットとステップ・カットの特徴を兼ね備えたカットです。宝石の上半分(クラウン)に煌びやかなブリリアント・カットを、下半分(パビリオン)にデザイン性の高いステップ・カットを施しており、まさに両者の“良いとこ取り”。1960年代に誕生した比較的新しいカットですが、ラウンド・ブリリアント・カットに迫る人気を誇ります。ミックス・カットの中でも、正方形で厚みのある「プリンセス・カット」はそのネーミングと気品あふれる輝きが好まれ、エンゲージリングなどにも用いられる定番のカットです。

 

カットの種類によってさまざまな輝きを放つダイヤモンド。あなたの魅力を引き立ててくれそうなカットはどれですか? 購入を考えている方は上記を参考にして、これぞという逸品を見つけてください。

ダイヤモンドの価値はどうやって決まる?

数ある宝石の中でも高い人気を誇っているダイヤモンド。その価値を決めるポイントは4つの「C」です。CUT(カット):形、COLOR(カラー):色、CARAT(カラット):重さ、CLARITY(クラリティ):輝き。これらがプロの目で査定され、ダイヤモンドの価値や価格が決まります。では、それぞれの「C」について、どんな点が評価の基準となるのかを見ていきましょう。

ダイヤモンドのカットとは

カットとは、研磨によって作られる「形」のことです。ダイヤモンドの輝きは入ってくる光の反射によるものですから、光を受ける面の形によって大きく印象が変わります。全体のプロポーションが美しく、面の取り方が正確であり、研磨が平らで丁寧に仕上げられているものほど、素晴らしい輝きを放つのです。

また、ほかの3つの「C」は石そのものの品質によるものですが、カットは唯一人間の手が加わる部分。高い技術とセンスをもつ職人だけがダイヤモンドの内なる輝きを引き出し、その価値を上げることができます。ランクは、最高位の「EX(EXCELLENT)」から最下位の「P(POOR)」までの5段階です。

 

ダイヤモンドのカラーとは

カラーとはダイヤモンドの「色」のことです。一般的にダイヤモンドは無色透明なものが最上とされています。

ランクは、最高位の「D」から最下位の「Z」まで、アルファベット順の23段階に分類。

「D」は完璧な無色透明であり、「Z」に近づくほど黄色味を帯びていきます。

「D」や「E」のカラーはほぼ採掘不可能という希少な品であるため、現在市場に出回っているダイヤモンドでは「F」や「G」が最高ランクとされているようです。

ただし、ブルーやピンクなどの色がついた「ファンシーカラー」のダイヤモンドは無色透明のものより高値で取引される場合もあり、評価は上記の限りではありません。

 

ダイヤモンドのカラットとは

カラットは石の「大きさ」だと誤解されがちですが、実は大きさではなく「重さ」を表す世界共通の単位です。1カラット=0.2グラムであり、カラット数が増えるほどダイヤモンドの価値も上がります。

ただ、小粒のダイヤモンドが多数使われている場合、合計のカラット数は増えますが、財産的な価値はそれほど上がりません。価値を求めるのであれば、1個石が1カラット以上のダイヤモンドを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、カラットの語源は、紀元前にダイヤモンドを計る際に使用されたイナゴマメの通称である“カロブ”。イナゴマメの乾燥種子は約0.2グラムでほぼ均一なため、おもりとして使われたようです。

 

ダイヤモンドのクラリティとは

クラリティとは、ダイヤモンドの「透明度」です。ダイヤモンドには、生成される段階で自然に入る亀裂や内包物(インクルージョン)、研磨する際にできるキズなどが存在します。これらが少ないものほど透明度は上がり、評価も高くなるのです。

ランクは、10倍のルーペで見ても傷や内包物が見られない「FL(Flawless)」から、

肉眼でも傷や内包物が確認できる「I(Imperfection)3」まで、11段階に分類されています。

4つの「C」は、購入する際の価格だけでなく、買い取りをしてもらう際の査定にも大きく影響する要素です。しっかりと把握しておきましょう。

夏のシンプルな装いにプラスワンを!エルメスのバングル&ブレスレット

今年も暑い夏がまだまだ続きそうですが、夏は湿度も高いですし薄着になる機会が多い季節です。おのずと服装もカットソーやノースリーブなどシンプルな装いでのお出かけが多くなります。近所のお買い物や犬のお散歩などちょっとした近所のお出かけなら何も気取らずTシャツにサンダル、キャップでOKですがちょっとしたお出かけではファッションにプラスワンのスパイスが欲しくなりますよね。そこでオススメしたいのがエルメスのシルバー素材のバングル、ブレスレットです。エルメスのアイテムはぱっと見でエルメスと分かるアイコニックなアイテムが多くシンプルな装いをぐっと格上げしてくれます。

先ずは近年人気が過熱して予約も難しい状況になっているというシェーヌダンクルブレスレット。いかりの鎖をモチーフにしたクサリ型のチェーンで鎖の大きさのサイズがPMサイズ、MMサイズ、GMサイズ、TGMサイズと4種類あります。男女問わずLINK数で長さが変わるので装着することができます。GMサイズとTGMサイズの鎖の大きなタイプは特に人気でゴールデンサイズは入手困難となっております。少しだけ大きめのサイズで垂らして装着するのがオススメです。

次にエルメスの「H」がモチーフのクリッククラックというバングルです。真ん中の「H」をひねって取り付けるバングルです。カラーとサイズにたくさん種類がありますので数本持ってトップスの色や気分で付け替えても楽しいと思います。また、細いので時計と重ねつけしたり2重巻きレザーのブレスと一緒に使ってもカワイイと思います。

他にも存在感があって人気のコリエ・ド・シアンがあります。犬の首輪モチーフでボリュームがあるため一つつけるだけでロックテイストやモードな装いにアップデートができます。金具の色もゴールとシルバー、レザーの色も定番のブラックから様々な色がありますので雰囲気で選択ができるようになっております。

上記アイテム以外にメンズにオススメのアイテムとしましてはトゥアレグ族のバングルや廃盤のブックルセリエです。トゥアレグ族のバングルはアフリカのサハラ砂漠に生活している遊牧民族が一点一点手彫りで作成したシルバーのブレスです。すべてデザインが異なりますし大量生産ができないので数は少ないので大変希少なため見つけたら即手に入れることをオススメします。ブックルセリエは喜平のブレスレットにブックルセリエバックルで構成されているシンプルでありながら高級感のあるブレスレットとなっております。

他にもエルメスのブレスレットには、ジャンボブレスレットやケリーブレスレット、アピ、ナイジェル、キッドなどたくさん種類がありますが、どれも重ねつけしてもよし、単体でつけてもよしの逸品となりますので夏のシンプルな装いをアップグレードしてみてはいかがでしょうか。

オススメのスタイルはジョンスメドレー、クルチアーニなどのラグジュアリーな半袖ニットや麻のカプリシャツ、スキッパーポロなどリゾート感のあるスタイルにぴったりだと思います。あまり重ねつけをせず存在感のあるブレスレットを楽しみましょう!

動物の皮革素材について


 
バッグや財布などに使われることが多い、一般に「牛革」が知られている皮革素材。特に素材を指定せず「GENUINE LEATHER」表記の場合も、多くは牛革を使用しています。 その牛革だけでも年数や性別で質が変わり、名称も「ハラコ」「カーフ」「カウ」「ブル」などと変わっていきますが、中には牛以外の素材を使った皮革製品も多くあります。


「ラムスキン」
仔羊を使用した皮革製品。
上質なやわらかさが特徴で、高級ブランドにも多用されます。

「シープスキン」
成羊を使用した皮革製品。
やわらかさと丈夫さを兼ね備えています。

「ピッグスキン」
豚を使用した皮革製品。なじみやすい固さと毛羽立ちのような質感が特徴で、衣料品にもよく使われます。

「ゴートスキン」
ヤギを使用した皮革製品。ピッグスキンに似ていますが、加工しやすく、やわらかさがあります。

これらは肉が食用ということもあり、その再利用も兼ね、比較的多く市場に出回っています。 それ以外の動物素材を使ったものも多くあり、中には珍しいものもあります。

「ディアスキン」
シカを使用した皮革製品。やわらかく、なめらかなので財布や小物によく使用されます。害獣として駆除されたシカの革を再利用するという、ジビエに近い側面もあるようです。

「クロコダイル」
ワニを使用した皮革製品(種類により呼称が変わります)。
一時期の高級品の代名詞。ツヤ処理や模様により、ゴージャスな雰囲気を醸し出します。牛革に人工的な突起をプレスした「型押し品」もあるほどの人気です。

「オーストリッチ」
ダチョウを使用した皮革製品。
やわらかく、プツプツした突起が特徴。上品な豪華さを演出します。
牛革に人工的な突起をプレスした「型押し品」もあるほどの人気です。

「リザード」
トカゲを使用した皮革製品。ツブツブの細かいウロコ状の模様が特徴で、クロコよりシック。牛革に人工的な突起をプレスした「型押し品」もあります。

「パイソン」
ヘビを使用した皮革製品。逆立ったウロコ状の表面が特徴で、やわらかい。金運を招く縁起物という意味で、財布によく使われます。ウロコ状の表面が取れないよう、表面を覆って加工しているものも多くあります。牛革に人工的なウロコ模様をプレスした「型押し品」もあります。

「エレファント」
ゾウを使用した皮革製品。ザラザラした質感が特徴で、とにかく丈夫。ブリーフケース(書類かばん)などに使われていました。

「ホースヘアー」
馬のたてがみを使用した皮革製品。丈夫で軽いので、バッグ本体の保護のため表面に張られることが多いようです。また、馬の皮も「ホースレザー」として財布などに使用されることもあります。

「シャーク」
サメを使用した皮革製品。ザラザラした突起が特徴で、とても固く強度があります。固いため、基本部分に牛革を使用した財布やバッグ表面のワンポイントによく使われます。

「ガルーシャ(スティングレイ)」
エイを使用した皮革製品。見た目と質感がサメに似ていますが、キメが細かく、強度があります。サメのように表面使用がほとんどですが、加工しやすく、表面全体に使用されることもあります。
他にもベンガルヤマネコやアザラシなど、さまざまな動物素材を使用したものがあります。好景気の頃は、日本でも「珍しい動物の皮革製品を持つ」ことがステータスになっている場面もあったようです。

 

昔は高級品だったも、生産・加工技術が進み、現在になると牛革などは一般的になっています。逆に、当時は高級品の象徴だったクロコダイルやオーストリッチは需要が激減してしまいました。高級皮革製品はゾウの牙のように高く売れるため、闇取引が横行。動物の乱獲が問題化しました。その結果、1973年に採択され、1975年に効力を生じた「ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)」によって厳しく取り締まるようになったのです。

以後、景気の移り変わりや、日本でのバブルのように、経済の様子も激変。
動物愛好家の方も増え、ワニなど素材の形がわかる皮革製品は残酷だという声が大きくなりました。またファッションは常に流動的なので、クロコダイルやオーストリッチは価格面でも、鳥獣保護の視点でも、ファッションとしても、需要が激減してしまいました。そのため、当時はとても高い価格で購入していたワニやダチョウ、トカゲなどを使用したバッグも、買取時に現在の中古相場での値段がつくと、とても残念な結果になることが多いです。エルメスやシャネルといったハイブランド品に限り、現在でも高く取引されているのが現状です。
食事と同じで、それが「生命」であったことを感じ、「使わせていただいている」と感謝する気持も必要ですね。

多種多様な皮革製品。
その丈夫さと使いやすさで、さまざまなコレクションをお持ちの方も多いことでしょう。バッグや財布、大きさや用途などシーンにより、使い分けるのもよさそうですね。

真珠(パール)について

真珠(パール)について

「買った時は高かったのに、売る時には価値がつかないなんて……」
そんな声をよく耳にする代表格、そのひとつは「真珠(パール)」です。
ここではパールの価値や現状について、お話してみましょう。

そもそも、真珠は「生もの」です。
生きているアコヤ貝の中で少しずつ大きくなり、形が良いものだけが製品になる。それが真珠。
そのためかなりの手間や手作業が重なっているため、自然と新品販売時には高級品になります。
特に大きいサイズや、質がいいものなどは18金やプラチナの台座や金具を使い、リングやネックレスとして高額で販売されます。
そこへ「ミキモト(MIKIMOTO)」「タサキ(TASAKI / 田崎真珠)」といったブランド・ネームが付与すると、さらに高額品になります。
あまりサイズが大きくなかったり、形に多少いびつさが見られるものは、地金部分に銀(シルバー)を使用して廉価で販売されることも多いようです。

 


しかし、そんなに手間がかかる真珠は、売却時には「ほとんどが評価されない」のです。それはなぜでしょうか?

真珠は、冒頭に記述したように「生もの」です。
もともとは生物の中にあったものですから、生物と同じく、時を経ると悪くなっていきます。
また最近は養殖技術が大幅に向上し、いわゆる「本真珠」はほとんどなくなりつつあります。
さらにはイミテーション技術も向上したため、若い層を中心に「本物でなくてもいい」という方が増えています。
すでにいちデザインとしてのファッション感覚になっている面も強く、使い捨て感覚になっている昨今のファッションでは、イミテーションのほうが好まれる部分もあります。
冠婚葬祭などの席に必要な場合でも、100円均一などのお店で「とても近寄らないとわからないぐらい」のクオリティのイミテーションが、すぐに手に入るようになっています。
そうした技術的な面や、価値観の変遷によって、真珠はダイヤのように「永遠に価値があるもの」ではなくなってしまったのです。


それを飛び越えるのが「ブランド力」。
先に挙げたミキモトやタサキといった真珠で有名なブランドや、ハイブランドのアクセサリーは「ブランド品のアイテムとして」取引されるため、真珠を用いたデザインのアクセサリーとして見られます。
しかしそれもブランドあってこそ。ノーブランド品や百貨店購入の真珠は、それ自体にアクセサリー評価に付与する力がなく、ほとんどの場合が「真珠の重さを引いて」金具部分だけを軽量した貴金属の重さ買取になってしまいます。

また意外な盲点としては「物価の変動」もあります。
「買った時は高かった」という方の多くは、数十年前の購入額を憶えています。しかし当時は「1ドル360円」などの好景気。2019年現在で1ドルが100円少しであることから単純に計算すると、現在より3倍以上の物価だったことになります。
これは好景気時代に購入されたアイテムの多くに言えることです。

母娘の間で引き継がれることも多く、思い入れも深い方が多い真珠。
せっかくですから、安価で処分するより保管しておくのも方法のひとつだと思います。
真珠アクセサリーは世代を越えて根強い人気がありますから、欲しがっている方に差し上げるのも手段のひとつです。


そのためにも、デリケートな真珠はケアが必要。

・使用後は表面を拭く(汗や脂が変色の原因になる)
・他の宝石と一緒にしない(表面がキズつきやすい)
・食品や洗剤、化粧品などを近づけない(溶ける可能性がある)
・湿度の高い場所を避ける(酸化が進んでしまう)
・極度に乾燥させない(表面ヒビや割れる可能性がある)
・紫外線や熱、光に当てない(変色しやすい)

こういったことを常に心がけ、小分けにしてケース保管することがオススメです。
またバラバラにならないよう、2年に1度を目安に中を通している糸を交換することも大切。

せっかく出会ったお気に入りの品物。
すぐに手放すのではなく、長く使ってあげれば真珠もきっと喜びますよ。