ルビーも同じ宝石? サファイアの種類について

数ある宝石の中でも特に価値があると言われている「ルビー」と「サファイア」。実はこの2つの宝石は、もともとは「コランダム」と呼ばれる同じ鉱物だということをご存知でしょうか。このコランダムに不純物が混ざり合う割合によって、さまざまな種類に分けられているのです。そこで今回は、美しく不思議な宝石「サファイア」について、その種類や特徴を詳しく解説します。

 

サファイアの特徴

サファイアにはさまざまな種類がありますが、通常「サファイア」と言うと青色のものを指すのが一般的。鮮やかで美しい青色は、コランダムに混入した鉄とその10分の1の量のチタンによるものです。世界中のさまざまな地域で採れますが、ジュエリー用としてはスリランカやマダガスカル産が多く使われています。中でも、ビルマ産のサファイアは特に美しい青色が魅力的で、「ロイヤルブルー」の名が与えられているほどです。

 

 

ルビーの特徴

数あるサファイアの種類の中でも、赤い色のものだけを「ルビー」と呼んでいます。ルビーの美しい深紅の輝きは、コランダムにわずか1%程度のクロムが不純物として含まれたことによるものです。一般的なルビーはアルミニウム原子が数百個に1個の割合でクロム原子と入れ替わったものを指しますが、これが百個に1個の割合で入れ替わったものは、「ピジョンブラッド(鳩の血)」と呼ばれ、ルビーの中でも最も美しい色として称されています。

 

ホワイトサファイアの特徴

ホワイトサファイアは不純物を一切含んでいない純粋なサファイアのことです。酸化アルミニウム以外の他の元素が混入していないコランダム本来の姿のため、無色透明なのが特徴です。別名「カラーレスサファイア(色のないサファイア)」とも呼ばれています。アクセサリーなどに使われるのはもちろん、そのガラスよりも高い透

明度を利用して、腕時計の文字盤カバーに利用されることもあります。

 

パパラチアサファイアの特徴

サファイアの中でも桃色と橙色の中間色のものが「パパラチアサファイア」です。唯一の原産国であるスリランカの言葉で「蓮の花の蕾」という意味を持っていて、非常に産出量が少ないため、「幻の宝石」、「キングオブサファイア」と呼ばれています。近年では「ベリリウム拡散加熱処理」と呼ばれる方法によって、うまく色が出ていないサファイアを鮮やかな色合いに仕上げることも可能です。ただし、こうして人工的に仕上げられたパパラチアサファイアは、「表面拡散処理パパラチア」と呼ばれています。

 

ピンクサファイアの特徴

コランダムにわずか1%程度のクロムが不純物として混ざったものはルビーと呼ばれ、大変価値のある宝石として扱われていますが、そのクロムの量が0.1%になったものは、「ピンクサファイア」になり、その価値はルビーと比べて格段と下がってしまいます。ですが、ピンクサファイアはその名の通り薄いピンク色が特徴で、ルビーよりも主張が少ないため女性の普段使いのアクセサリーなどでも人気です。

 

 

ひと口にサファイアと言っても、その種類は実にさまざまです。それぞれに魅力や特徴が異なりますので、上記の内容を参考にしながら違いを把握しておきましょう。

 

Pt999など、プラチナの種類と特徴について

エンゲージリングやマリッジリングなどの特別なジュエリーはもちろん、日常使いのアクセサリーにも使われているプラチナは、その純度によっていくつかの種類に分けられています。それぞれに特徴や価格が異なりますので、プラチナアクセサリーを購入する際には、その違いをしっかりと把握しておくようにしましょう。そこで今回は、プラチナの種類とその特徴について、詳しく解説します。

 

プラチナってどんな金属?

最高の貴金属と称され、その美しい輝きが世界中の女性を魅了するプラチナ。その起源はとても古く、およそ20億年前に隕石の衝突により出現したのがプラチナの鉱床だったと言われています。プラチナはほかの貴金属と比べても非常に希少価値が高く、南アフリカ共和国などの限られた地域でしか採れないのも特徴です。原鉱石1トン分から採れるプラチナはわずか3gのみ。細いリング1本分程度しか取り出すことができないのですから、どれだけ希少な物質かがわかるでしょう。

そしてプラチナのもうひとつの特徴が「色」。天然の純白だからその輝きに深みがあり、大変美しい表情を見せてくれます。そして、その美しい純白の輝きは年数を経ても色褪せることがなく、日常的に身に付けていても変色や変質の心配もありません。美しさを永遠に残すことができることから、エンゲージリングやマリッジリングなど「永遠の愛の証」に多く利用されています。

 

プラチナの純度と特徴

プラチナはゴールドと同様に、伸びやすく柔らかい物質のため、そのままではアクセサリーに加工するのが難しく、キズが付きやすいという特徴があります。そこで、強度や硬度を高めて加工しやすくするために、パラジウムやルテニウムといった異なる地金を組み合わせているのです。そして、でき上がったプラチナ製品の中にどのくらいの割合でプラチナが含まれているのかを「純度」で表しています。では、プラチナの主な純度とそれぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。

Pt850(純度85%

ISO(国際標準化機構)・一般社団法人日本ジュエリー協会がプラチナ製品として認めている最低ラインがこの純度になります。

Pt900(純度90%

その製品を構成する成分のうち、90%がプラチナであるという意味です。指輪をはじめ、ネックレス、ブレスレットなど、日本国内で販売されているプラチナ製品は、このPt900が一般的に使われています。

Pt950(純度95%

全体のうち95%がプラチナで構成されているものを指します。残りの5%には、パラジウムが使われていることが多く、別名「パラ割」とも呼ばれています。

Pt999(純度99.9%

プラチナの中でも最も純度の高いものを意味します。ほかの地金がほとんど含まれていないため、傷つきやすく柔らかいのが特徴です。

 

ハードプラチナとは

プラチナは伸びやすく柔らかい性質があるため、単体で使用すると加工しにくかったり、キズが付きやすかったりと言うデメリットが目立ちます。そこで、アクセサリーなどを作る際には、パラジウムやルテニウムなどの異なる素材を組み合わせることで、強度や硬度を高めていました。このように、プラチナの割金として利用しているパラジウムに加えて、「イリジウム」という素材を組み合わせたものが「ハードプラチナ」です。イリジウムを少量加えることによって、通常のPt950やPt999よりも高い硬度や強度が実現されます。

 

プラチナ製品は、その純度によって買取金額が大きく左右されます。製品を購入する際や、所有しているプラチナ製品を買取りに出す場合には、上記の内容を参考にして純度を意識することも大切です。

 

シルバーの純度による違いについて

ゴールドのような華やかさはないけれど、シックで落ち着いた美しさが特徴のシルバーは、フォーマルでもカジュアルでもシーンを選ばずに使えるアクセサリーとしては優秀な素材。とはいえ、シルバーと言ってもその純度や混ぜる金属によって呼び名や風合いはさまざまです。そこで今回は、シルバーの純度と、その特徴について詳しく解説していきます。

 

ピュアシルバー(SV1000

純銀、いわゆる全く混じりっけのない純度99.8%以上のものを指します。非常に柔らかい反面、重さもあるため、アクセサリーにはあまり向いていませんが、金属の中でも特にアレルギー反応が出にくいため、食器や歯科治療などに多く使われています。ほかの金属が配合されていないピュアシルバーは、黒や茶色に変色しにくいのも特徴です。ファインシルバーと呼ばれることもあります。

 

ブリタニアシルバー(SV950

ブリタニアと呼ばれる銀95%に、銅などほかの金属を5%配合したもののことです。ほかの金属を混ぜているため強度が高く、さまざまなアクセサリーに使われています。銀には、叩く、曲げる、伸ばすといった作業を繰り返すことで、硬くなる「加工硬化」という特性があり、職人による手作業で仕上げられる一点物のアクセサリーなどでブリタニアシルバーは人気の素材です。ほかの金属の配合がわずか5%ですので、ピュアシルバーと比べても白く美しい輝きが劣ることはありません。繊細な印象が強く、どちらかというと女性に人気の高い種類です。ブリタニアシルバーのほかにも「五分落ち」と呼ばれることもあります。

 

スターリングシルバー(SV925

シルバーアクセサリーで最も多用されている種類で、スターリングと呼ばれる銀92.5%に、銅を7.5%混ぜたものを指します。ブリタニアシルバーよりも銅の配合が多いため、強度が強く、美しい光沢があるのが特徴です。また、スターリングシルバーは鋳造に適しているため加工がしやすく、有名ブランドのシルバーアクセサリーはその多くがこの種類だと言われています。アクセサリーの裏側などに、925、SV925、Silver925、SILVER925、Sterling、SILVER(Silver)というような刻印がされていた場合は、その製品がスターリングシルバーである証です。装飾品として加工のしやすさや仕上がりの美しさといった魅力がある一方で、配合されている銅が原因で金属アレルギーが起きてしまうケースもあります。

 

コインシルバー(SV900

銀の含有率が90%で、残り10%は銅をはじめとしたほかの金属が使われているものを指します。ピュアシルバーやブリタニアシルバーなどと比べると、ほかの金属の割合が特に高いため、最も硬度があり、雑貨や装飾品などに多用されている種類です。使われているほかの金属が硫化することで、黒や茶色に変色しやすいのが特徴で、金属アレルギーの原因となりやすいため、アクセサリーにはあまり向いていません。

 

シルバーは、その純度によっても買取り金額が大きく左右されます。上記の内容を参考にして、シルバーの種類を正しく把握しておくようにしましょう。

 

K18など、ゴールドの種類と特徴について

貴金属のなかでも最も古い歴史を誇るゴールド。その価値を決めるのが「純度」です。装飾品としてはもちろん、現代では実物資産としても広く世界中で愛されているゴールドですが、純度による違いについて詳しく知らない方は多いのではないのでしょうか。そこで今回は、ゴールドの種類と、その特徴について詳しく解説していきます。

金の「純度」とは

ゴールドの指輪やその他の金製品などをよく見ると、「K24」や「K18」といった文字が刻印されているのに気付くと思いますが、それが何を表しているのかご存知でしょうか。金というのはとても柔らかいため、加工しにくいのが特徴で、ジュエリーなどを作る際にはほかの金属を混ぜて加工します。このようにして作られた金製品に含まれている「金の割合」を「純度」と言い、「K24」や「K18」といった数字で表しているのです。

ちなみに、日本では金の純度は24分率で表示していて、 K1ごとに4.14%ずつその含有率が増えていきます。つまり、「K24」は純度100%の金(純金)ということになるのです。では代表的な金の含有率について詳しく見ていきましょう。

K24(純金99.99〜100%)

純金の含有率がほぼ100%に近いものを指します。腐敗や変色に強く、美しい輝きが持続するのが魅力ですが、硬度が低いためジュエリーとしての加工されることはほとんどありません。主に資産価値目的とした製品として使われています。

 

K22(純金91.7%、混合物8.3%)

純金に近い色や輝きを持ち合わせているのが特徴です。一般ではあまり見かけることはありませんが、主にジュエリーとして用いられています。「金の含有率が高い=キズが付きやすい」ということですので、取扱いには注意が必要です。

 

K18(純金75%、混合物25%)

純度を保ちながらも、加工のしやすさと適度な硬さを持ち合わせているのが特徴です。カラーバリエーションも豊富で、ジュエリーはもちろん、時計やスマホケースなど幅広い用途で使われています。

 

K14(純金58.5%、混合物41.5%)

純金の割合が少ないため加工がしやすく、比較的安いためジュエリーとして市場に出回ることが多いようです。一般的に純金の割合が減ると輝きは劣ります。

 

K10(純金42%、混合物58%)

金よりも混合物の割合が上回っている製品を指します。金の価格が高騰すると多く市場に出回るのが特徴で、加工がしやすく安いため、ジュエリーとして加工されることが多いようです。

 

金の種類と特徴

一般的な金製品は、純金に銀や銅といったほかの金属を混ぜて加工されています。そしてこの配合によって、異なる色や輝きを楽しむことができるのです。では、その種類にはどのようなものがあるのでしょうか。金の種類と特徴について詳しく見ていきましょう。

 

イエローゴールド

純金に銀と銅を3対2の割合で配合したものです。色味は金色に近いものの、山吹色のような深い風合いが男性に人気です。

 

ピンクゴールド

純金に銀と銅を1対4の割合で配合したもので、合金の中で最も強度が高いのが特徴です。ピンクゴールドは特に女性からの人気が高く、ジュエリーとして数多く市場に出回っています。

 

ホワイトゴールド

純金に銀とパラジウムを3対2の割合で配合したものを指します。名前の通り白っぽい見た目が特徴で、男女年齢を問わずに幅広く愛されている合金です。

 

ブラックゴールド

純金にパラジウムやプラチナ、銀などを配合したものです。配合している金属が高価なものばかりですので、ほかの合金と比べて値段が高いのが特徴ですが、その独特な質感や上品な色味が特に男性からの人気を集めています。

 

ひとことに「金」と言っても、たくさんの種類があって、それぞれに特徴が異なります。上記の内容を参考にして、その違いや特徴を正しく理解しておきましょう。

 

ダイヤモンドのカットの種類とその特徴

同じ色、同じ大きさのダイヤモンドでも、カットの仕方によってその印象は大きく異なります。特にダイヤモンドは“輝き”に価値が与えられる宝石ですから、輝きを左右するカットは重要な工程と言えるでしょう。ここでは、代表的なカットの種類と、その特徴をご説明します。

 

ブリリアント・カット

 

ダイヤモンドのカットの種類の中でもっとも有名なものが、1919年に宝石職人のマルセル・トルコフスキーが開発した「ブリリアント・カット」です。これは、数学者でもあったトルコフスキーが光の反射や屈折率などを考慮して作り出した58面体のカットで、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すよう計算されています。

ブリリアント・カットには、以下のような種類があります。

 

ラウンド・ブリリアント・カット

ダイヤモンドの輝きをもっとも美しく見せることで知られるカットです。上から見るときれいな丸型(ラウンド)になっています。このカットを行うためには、ダイヤモンドの原石を約半分の大きさにまで研磨しなければなりません。多くの犠牲によって初めて得られるその輝きは、昔も今も多くの女性たちの心をとらえています。

 

オーバル・ブリリアント・カット

上から見ると小判のような楕円形になっているカットです。ダイヤモンド以外の宝石にもよく用いられ、幅広い世代から人気があります。ラウンドと比べると表情が柔らかく、与える印象も穏やか。研磨によって失われる部分もラウンドより少ない場合が多いようです。

 

マーキス・ブリリアント・カット

上から見るとボートのような形状になっているカットです。マーキスとは、フランス語で「侯爵」のこと。18世紀半ば、ルイ15世が愛妾のポンパドール夫人にマーキスの称号を与えた頃にパリでこのカットが流行したことから名付けられました。細長い原石に対して用いられるカットで、カラット数以上にダイヤモンドを大きく見せるのが特徴。シャープな先端と優雅なふくらみが融合したスタイリッシュなシルエットが魅惑的です。

このほかにも、65面からなるハートの形が人気の「ハート・ブリリアント・カット」、

洋ナシ型の「ペアシェイプ・ブリリアント・カット」などさまざまなカットがあります。

 

ステップ・カット

宝石の外周が四角形になっているカットです。ファセットと呼ばれる切子面が、一番幅の広い部分(ガードル)に対して平行に削られており、横から見ると階段(ステップ)のように見えることからこのように呼ばれています。

ステップ・カットの四角形の角を削り取って八角形にしたものは「エメラルド・カット」と呼ばれ、その名の通りエメラルドによく用いられています。

 

ミックス・カット

ブリリアント・カットとステップ・カットの特徴を兼ね備えたカットです。宝石の上半分(クラウン)に煌びやかなブリリアント・カットを、下半分(パビリオン)にデザイン性の高いステップ・カットを施しており、まさに両者の“良いとこ取り”。1960年代に誕生した比較的新しいカットですが、ラウンド・ブリリアント・カットに迫る人気を誇ります。ミックス・カットの中でも、正方形で厚みのある「プリンセス・カット」はそのネーミングと気品あふれる輝きが好まれ、エンゲージリングなどにも用いられる定番のカットです。

 

カットの種類によってさまざまな輝きを放つダイヤモンド。あなたの魅力を引き立ててくれそうなカットはどれですか? 購入を考えている方は上記を参考にして、これぞという逸品を見つけてください。