使用していないブランド食器を処分するときのコツ

結婚式の引き出物や、お祝いなどでいただいたブランド食器。自分の好みに合わなかったり、なかなか使う機会がなかったりで、眠らせたままにしていませんか? 使わない食器は思い切って処分してしまうことで、食器棚がスッキリと片付くし、自分好みの食器を買い足すスペースも生まれます。そこで今回は、使用していないブランド食器を処分するときのコツについて詳しく解説していきます。

 

使用していない食器の処分方法

使っていない食器はどのように処分したらいいのでしょうか。主な方法をいくつか挙げていきましょう。

燃えないゴミとして自治体で処分

欠けたり、柄や色が褪せたりしたものは、少量であれば各自治体の分別方法に従ってゴミの日に出すという方法もあります。自治体によっては、ガラス製品と陶器類などでは分別方法が異なるところもあるので、必ず各自治体のルールに沿って捨てましょう。処分する食器の量が多い場合には、直接ゴミ処理場に持ち込みをするのがおすすめです。その際には、あらかじめゴミ処理場に持ち込みが可能かどうかを確認しておくこともお忘れなく。食器を処分してもらう際の費用ですが、一般的な食器類であれば、処分費はかからないところが多いようです。

 

必要な人に譲る

未使用の食器や、美品でまだまだ使えそうな食器は、処分するのではなく欲しい人に譲るというのも方法のひとつです。使わない食器の写真をメールやSNSなどでシェアして、家族や親しい友人などで欲しい人がいないかを尋ねてみるのもおすすめ。自分では使わない食器も、他の誰かのお宅で役立ててもらえる可能性もあるはずです。

 

買取り業者へ依頼する

食器の状態によっては、買取り業者への依頼がお得なケースも。海外のブランド食器はもちろん、有名産地の焼き物や、作家物などは思った以上の査定額がつくことも。使っていない不要品を処分することで食器棚の収納スペースが増えるだけでなく、臨時収入がゲットできるというダブルのメリットが期待できます。

 

買取り可能な食器ってどんなもの?

食器の買取りでは、色や柄が褪せたり、欠けたりしていないことが絶対条件。また、ノンブランドの中古品等は例え美品であっても、買取り価格がつくことはほとんどないと考えておきましょう。一方、買取りしてもらいやすい食器は、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッド、バカラなどのような、人気の高いブランド食器、日本の有名産地の焼き物、人気作家の作品など。新品未使用でかつ箱などがしっかりと残っていた場合には高い査定額をつけてもらえる可能性があるでしょう。食器の買取りは基本的に「新品未使用」であることが原則ですが、業者によっては数回使用しただけの美品で、かつ箱などが残っている状態であれば買取りしてくれるところもあるため、あらかじめ確認をしておくと良いでしょう。

 

新品のブランド食器が眠っていたら、上記の内容を参考にして買取り業者に依頼してみてはいかがでしょうか。