引越しのときこそ! 断捨離のメリットとコツ

片付けても、片付けても、あっという間に散らかってしまう部屋。片付けに対して苦手意識を持っている方の多くは、物を「持ち過ぎている」傾向にあるのです。不要な物を思い切って処分する「断捨離」を実行して、散らかった部屋とサヨナラしてみませんか? 今回は、キレイな部屋と心を手に入れる「断捨離」のコツについて、詳しく説明します。

断捨離とは

断捨離(だんしゃり)というのは、不要なものを買わない「断行(だんぎょう)」、今持っている必要のないものを捨てる「捨行(しゃぎょう)」、物に執着することから離れる「離行(りぎょう)」というヨガの3つの考えを応用したもので、2010年頃にテレビや雑誌で紹介されて以来、多くの人の共感を得ています。一般的な片付けのテクニックや整理整頓術では、部屋の片付け方に重点を置いていて、どうしたら部屋をきれいな状態で維持できるのかという部分は後回しになってしまいがちですが、断捨離の考え方では、「片付けられない原因」や「散らかさないための考え方」を大切にしています。自分が持っているもの一つひとつに対して「今の自分」にとって必要なものかどうかを考えながら、捨てるのか残すのかを決めていくため、本当に必要なものだけを持つシンプルな暮らしを実現することができるのです。

 

 

断捨離をするメリット

断捨離をすることで私たちにはどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

部屋がきれいになる

一番のメリットはこれ。不要なものがなくなることで、室内がスッキリときれいに片付くこと。「今までどうして片付けができなかったのか」ということを考えながら、ものを取捨選択しているため、一度部屋がきれいになってしまえば、その状態を長く続けることができます。

 

お金がたまる

今の自分に不要なものは持たない、物欲を断ち切るという断捨離の考えを実行することで、これまでいかに自分が無駄なものへお金を使って来たかがわかるはずです。シンプルな暮らしを身に付けてしまえば、不要な出費も減り、自然とお金がたまっていきます。

掃除が楽になる

断捨離によって室内にムダなものがなくなると、掃除がとっても楽になります。掃除機をかけるときでも、雑巾で拭き掃除をするときでも、床に置かれているものをその都度どける必要もなくなり、掃除のストレスが軽減されて、頻繁に掃除をするようになるでしょう。

 

断捨離のコツ

では、実際に断捨離にチャレンジしてみましょう。断捨離をするときのコツは以下の通りです。

洋服の断捨離のコツ

まず、家にある洋服を全て種類別に並べて、自分が持っている洋服を把握しましょう。このとき、既に何年も袖を通していないような洋服や、その存在すら忘れていたという洋服は「不要なもの」と判断するのが賢明です。今の自分の体型に合っていない洋服、色褪せていたり、汚れたりしている洋服も思い切って捨ててみましょう。次に、残った洋服を一枚ずつ広げ、「残しておきたいかどうか」を直感で決めていきます。ポイントは「今の自分」が着たいかどうかということ。「いつか着るかも」という洋服は、今後も着ないと判断するべきです。迷ったときには、実際に鏡の前で合わせて見て、自分がどう感じるかを参考にしてみるのもおすすめ。

食器の断捨離のコツ

食器を断捨離する場合もやはり、まずは全ての食器を把握することから始めます。その中から、実際によく使っている食器、今の自分が「使いたい」と感じる食器を選んで食器棚へ。柄が気に入らないなどいろいろな理由で「使いたくない」食器や、何年も使っていなかった食器は、思い切って手放してみましょう。

本の断捨離のコツ

まず、全ての本を「小説」、「コーチング系」、「辞書類」、「マンガ類」、「雑誌」などカテゴリー別に分けましょう。そのなかでも、小説に関しては「また読みたい、残しておきたい」という気持ちに素直に従って取捨選択して構いませんが、その時期の情報を扱う雑誌については基本的に残さないほうがおすすめです。辞書類、マンガ類は「今の自分」に必要かどうかで考えていきましょう。

 

 

物が増えれば部屋の中がゴチャゴチャとしてしまうのは当たり前のこと。物を買うときには、本当に必要なものかをしっかりと見極めることも大切です。不要な物を貯めないためにも、断捨離は定期的に行いましょう。