エレキギターを買取りや質預かりに出すときのポイント

独身時代は思いっきり夢中になっていたのに、結婚して家族ができたことでいつの間にか使わなくなってしまったエレキギターはありませんか? コレクションの数が多ければ場所も取るし、維持管理するだけでもなかなか大変ですから、思い切って処分してしまおうと考えている方もいるのでは? そんなときには、買取りや質に出すのも方法のひとつです。今回はそのポイントについてまとめてみました。

 

エレキギターを買取りしてもらえる場所

実際にエレキギターを買取りしてもらう方法としては、楽器の買取り店やネットオークションなどが一般的です。それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

楽器の買取り店

「できるだけ早く売って換金したい」という場合におすすめなのが、楽器を買取してくれる楽器店やリサイクルショップ、質屋などに持っていく方法です。店舗によっては出張買取りや郵送買取りに対応しているところもあるので、家の近くにそういった店がない場合でも安心です。また、適正な金額で買取りしてもらうためには、やはりエレキギターの査定に慣れている方がいる場所がおすすめ。エレキギターの査定ができる人がいるかどうかをあらかじめ確認してから持ち込むようにしましょう。

ネットオークション

「できるだけ高い金額で買取りしてもらいたい」という場合には、インターネットオークションやフリマアプリなどの利用が良いでしょう。エレキギターが欲しい人と直接やり取りすることができるため、買取り店に持ち込むよりも高い値段で落札されることも珍しくありません。ただし、楽器の状態やギターの種類によっては、なかなか入札がされずに時間が経過してしまうことも……。ネットオークションの場合、出品~商品の発送まで全てのやりとりを自分で行う必要があるため、手間がかかったり、トラブルに巻き込まれてしまったり、というリスクを理解しておくことも大切です。

 

エレキギターでお金を借りれる場所

お品物を担保にお金を借りるというサービスは質屋さん独自のものとなります。当店でも趣味のものをお預かりすることは多いのですが中でもゴルフ道具と並んで楽器はとても多い質草となっております。使わない期間の保管庫として質屋を利用する方も増えてきております。

 

エレキギターを質預けや買取りに出すときのポイント

では、実際にエレキギターを買取りに出す場合、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。大切なポイントは以下の通りです。

売ると決めたら早めに依頼をする

楽器の価格というものは、よほどレアなものを除いて、時間の経過とともに変わっていきます。特に、最新モデルの場合には、売るタイミングによって査定額に大きな違いが出てしまうことも。手持ちのエレキギターを手放すと決めたときには、迷わずできるだけ早く手放してしまう方が、結果的に納得の行く査定額をつけてもらうことができるのです。

 

エレキギターの手入れをしておく

全く手入れされていない汚れたエレキギターと、きちんと手入れのされているエレキギターとでは、後者の方が良い査定額が付くのは当然のこと。特に弦が錆びていたり、ネックが沿っていたり、手垢やホコリが付着しているエレキギターは買取り価格が大幅に減少してしまう恐れがあります。弦を張り替える、クリーニングをするなど、自分でできるメンテナンスを事前にしっかりとしておくことが、買取り価格を大きく左右します。

 

付属品や説明書を準備する

トラスロッドカバー、アームケースなどの付属品や取扱い説明書がある場合には、エアギターと一緒に持っていくようにしましょう。楽器の買取りでは、購入したときの状態に近ければ近いほど高額査定が期待できます。

 

愛用のエレキギターを手放すのは、誰でも後ろ髪を引かれるものです。せめて納得できる査定額を出してもらうためにも、必ずエレキギターの取扱いを行っている買取り店を選ぶようにしましょう。