片付けで出てくる「価値がありそう」なモノ その2

前回に続き、お片付けで出てくる売れる可能性のあるものについてご説明いたします。

【住環境変化の問題】

現在はアパート・マンション暮らしがスタンダードになり、コンパクトな居住スペースを占領してしまうインテリアは好まれなくなくなりました。
また調度品としても現代的なものが多く出ているため、当時の「一軒家の和室や居間に飾る」前提のものは買い手もおらず、需要が激減。
さらに買取店では買取査定はしますが、真贋にもとづく「鑑定」はできないため、多くが「現状品のインテリア」としての価値観になってしまいます。
どれも現在ではインテリアとしての実用性があまり望めないため、買取対象にしていない店舗も多いようです。
また、真贋や骨董的価値をお求めの場合、鑑定料が必要となる可能性が高いますが、骨董を専門に扱うお店に持ち込むのが賢明でしょう。

 

・花瓶や壺などの焼き物
立派な桐箱に入っていて、作品名や作者名が墨書きされている壺。さらに有名な「○○焼」という表記まで。
いかにも期待してしまいますが、実際には価値が出ていないものがほとんど。骨董とまでいかない、日常品がほとんどです。

・絵画(複製・リトグラフ)
展覧会などで、お好きな方向けに高額で販売されている複製画。複製とはいえ繊細なので、額に入れて保管しないとすぐに汚れがついてしまいます。
よほど名のある作家や人気作家のものでない限り、中古相場では高くなっていません。また複製画である以上、多数存在します。そうした需要の影響が強く関与し、専門店でないときちんとした額は期待できないでしょう。

・掛け軸
一見、価値がありそうなアイテムの代表格。軸棒が象牙で作られたものは価値が高い傾向にあり、有名作家の作品などは現在でも中古相場がありますが、真作である証明書などが必須。また買取査定ではなく「鑑定」が必須となります。
一般的に、軸棒がプラスチックで作られているものは普及品および廉価品で、家庭に眠る掛け軸の大半はこれにあたります。そのため真贋以前に、値段がつけられないものがほとんどです。

・家具
大規模な家具・インテリア量販店の定着により、もはや家具は「一生モノを持つ時代」から「定期的に買い換える時代」へ。機能性も向上し、時代に合わせたコンパクトな家具が好まれています。どんな定番品よりも、個々人のニーズに合わせた居住空間の作り方が求められる時代です。
そのため、歴史の重みがある立派な調度品でも二束三文。買取値段がつけばいい方で、そもそも家具を扱わない店舗が増えています。家具を買取対象とする大型リサイクル店でも基準が厳しくなり、また再販できないということは処分にもお金がかかるので、無料引取なども期待が薄くなっています。

 

【デザインなどの問題】

洋服なども含め、ファッション関連は軒並みそうですが、流行は変わっていくもの。当時の最先端だったデザインは数年もすると「昔」になってしまいます。
アクセサリー関係も、そのひとつ。たとえば遺品整理で見つかった数十年前の親族のアクセサリーを、そのまま使う方はあまりいません。ということは、中古販売してもそのままのデザインで欲しがる方がほとんどいないのです。
そのためアクセサリーは現在でも中古需要があるハイブランド品でもない限り、重さでの買取が一般的なのです。

・大きな色石アクセサリー
1980~1990年代に流行した、大きな色石がついたリングやネックレス。現在そのままのデザインでつける人がいないため、基本的に石部分を除外した、地金部分での計算になります。
ダイヤモンドやエメラルド、ルビーやサファイナなど現在でも宝石として単体価値がある石の場合は石自体に値段がつくことがありますが、大きさと石の良さありき。そのため小粒なものは評価から除外されることが少なくありません。
地金がほとんどなく、石だけで作られたネックレスやブレスレットなども、残念ながら石部分は除外されます。

・原石
そのように、未だに「宝石は何でも高価」というイメージがあります。そこへ無加工の原石が出てきたら、かなりの高額になると思ってしまうのではないでしょうか。
しかし宝石は、カットして加工し、商品として仕上げてからこそ販売時に値段がつくもの。そのままでは値段がつけられないものが多いです。ましてやダイヤやエメラルドといった価値の高い宝石の原石は、そうそう手に入りません。
お土産物として水晶やアメジストの原石を売っている観光地もありますよね。家から発見される原石は、そうしたものが多いように感じます。

・派手なメッキアクセサリー
安価で購入されるメッキ製品は、現在つける人がいない以前に、時代とともに劣化している可能性があります。使用・保管による変色やサビなど、そのままでは二次利用できないものが多くなっています。メンテナンスしてもデザイン上の問題で買い手がいないため、メッキ製品である時点で買取対象外になる可能性が非常に高いです。
またメッキのアクセサリーは、現在でもお手軽なものとして需要が高いので、最先端のデザインで新品が安く販売されています。そのため当時物をメンテナンスやリメイクしてまで再利用するという方は、ほとんどいないのです。

・象牙アクセサリー
象牙から加工されたり、その余り部分で作られたネックレスやブレスレット。印鑑などもそうですが、当時は象牙であるだけで重宝されていました。
こちらは現在つける人があまりいないうえに、ワシントン条約以後、象牙は細工品もあわせてほとんどが販売できなくなりました。当時の価格は高かったと思いますが、そういった理由で現在では買い取るお店がきわめて少なくなっています。

次回に続きます。