宅配買取依頼時の上手な梱包の仕方について

自宅から商品を送るだけでスピーディーに取引を成立させることができる宅配買取サービス。いつでも気軽に利用できる便利なサービスですが、発送する商品の梱包が不十分だと品物に汚れや傷が付き、査定金額が大幅にダウンしてしまう可能性があります。できるだけ高値で買取ってもらうためにも、商品が傷まないよう丁寧に梱包しましょう。

商品の入れ方

はじめに、商品の大きさや数に合った段ボール箱を準備します。段ボールに商品を入れたときに隙間が空きすぎてしまうと、配送中に段ボールが凹んでしまう恐れがあります。また、何度も使い回した段ボール等は、重さに耐えられず底が抜けてしまう可能性があるため、できるだけ強度のある段ボール箱を選ぶようにしましょう。強度に不安がある場合は、段ボール箱の底に、もう一枚段ボールを敷いておいたり、段ボールの底を十字貼りにすると補強ができます。

大きさや重さが異なる複数の商品を入れる場合は、重い物・大きい物から順に詰めるようにします。このとき、商品は平積みにし、縦向きに並べないようにします。

比較的小さな商品を発送する場合、紙袋を使って梱包することもできますが、外側からの衝撃に弱く、水に塗れると破れやすくなるためおすすめできません。紙袋を用いる際は、宅配に適した強度のある紙袋を準備するようにしましょう。

壊れやすい物の場合

ガラスやプラスチック等の壊れやすい物は、配送中に破損しないよう、一つひとつ丁寧に「緩衝材」で覆っておきます。新聞紙や広告紙で包む方法もありますが、インクが商品に写ってしまう恐れもあるため、ビニール製の緩衝材(エアパッキン)を使用するとよいでしょう。

壊れやすい物を発送する場合は、発送伝票に「ガラス製品」「DVD」などと記載するだけではなく、段ボールの外側に「割れ物注意シール」を忘れずに貼付します。宅配業者によっては、パソコンなどの精密機械を発送する際に貼付するシールや、上積(下積)厳禁などのシールを貼ってもらえる場合がありますので、発送手続きの際に相談してみると安心です。

 

隙間を埋めるのに使う物

段ボール箱内に隙間があると、配送中に商品が動き表面に傷を付けてしまう可能性があります。商品が動かないようにするには、どんなに小さな隙間でも、緩衝材や新聞紙を使って隙間を埋めておかなければなりません。小さな物を複数送る場合は、いくつかまとめてビニール袋に入れて、テープでしっかり留めると動きにくくなります。

 

蓋の閉じ方

商品の上に査定・買取りに必要な書類一式を置き、ガムテープを使って確実に蓋を閉じます。このとき、中央だけではなく両端にできる隙間も止めておきましょう。隙間があると、配送中に蓋が空いてしまったり、外側から水分やゴミが入り込んでしまったりすることもあるためです。

どんなに価値ある商品でも、配送中に傷が付いてしまっては台無しです。宅配買取サービスでは、商品が店舗に到着したときの状態で査定が行われますので、丁寧に梱包するようにしましょう。