長く使うために必要な腕時計のお手入れ方法

腕時計についてしまった汚れ付着したままにしておくと目に見えない部分にカビやサビが広がり故障の原因となります。大事な時計を長く使うためにはこまめに手入れを行い、常に清潔な状態を保つことが大切です。ここでは、大切な腕時計を長持ちさせるために知っておきたいお手入れ方法を紹介します。

 

腕時計の拭き方

1日着けていた腕時計には、目には見えないたくさんの汚れや汗が付着しています。そのため、帰宅して腕時計をはずしたら、セーム皮(メガネ拭き)やティッシュペーパーなどの柔らかい布で、表面に付着した汚れと汗(水分)を拭き取っておくことが大切です。特に、皮膚に密着する裏蓋部分は丁寧に拭くようにします。ネジの部分など凹凸部分に汚れが入り込んでしまったときは、爪楊枝や細い綿棒を使って汚れをかき出しておきましょう。

汚れが酷いときは?

金属製のベルトやバングル部分に付着した汚れは、歯ブラシに中性洗剤を染み込ませて優しくこすると少しずつ汚れが取れてきます。あまり強くこすりすぎると、表面に傷が付いてしまうので慎重に行いましょう。

汚れが落ちたらしっかりと乾燥させ、セーム皮などで仕上げ磨きを行います。このとき、市販の「ステンレス磨きコンパウンド」などを使って磨くと、小さな傷が目立たなくなり輝きが増します。ただし、材質によっては逆に傷が付いてしまう場合もあるため、裏蓋の目立たない部分で試してから使用するようにしましょう。

革製のベルトは、一度汚れが染み込んでしまうと元に戻すことができませんので、あまりにも汚れが目立つ場合はベルトごと交換するのが良いでしょう。ただし、バンドの裏側部分であれば、アルコールを含ませた布でこすると汚れが落ちる場合があるので、試してみてください。汚れを拭き取った後には、最後に乾いた布でしっかりと水分を吸い取ります。

腕時計をお手入れする際の注意点

金属製のベルトは、ぬるま湯に20分程度つけ込むと汚れが落ちやすくなりますが、腕時計の本体部分に水が掛からないように注意しなければなりません。生活防水時計であっても、本体部分をサランラップで覆うなどの工夫が必要です。

水分に弱い革製ベルトを乾燥させるのに、ドライヤーの温風を当てるという声が聞かれますが、あまりおすすめできる方法ではありません。革は、急激に乾燥させると収縮したり、変形したりしてしまう恐れがありますので、風通しの良い場所で自然乾燥させるのがベストです。

また、自分自身で腕時計本体を分解し、内部に入り込んだ汚れを一掃しようとするのは危険です。腕時計は精密機械と呼んでも過言ではありませんので、分解掃除は必ず時計店にお願いするようにしましょう

 

腕時計は、日頃のお手入れ次第で新品同様の魅力を保つことができます。腕時計を長持ちさせるためには保管場所にも注意しなければなりません。高温多湿になるタンスの中や直射日光に当たる場所に長時間放置すると、腕時計の機能事態にも悪影響を及ぼしますので保管場所にも気を付けるようにしましょう。