革のバッグに臭いがついてしまっているときの対処法

革バッグの魅力は、使い込むほどに風合いや色味の変化を楽しむことができることですが、新品の本革は独特の臭いがすることも多く、せっかく購入したバッグもその臭いのために使うことをためらってしまう人もいるかもしれません。そこで今回は、革製品のお手入れの中でも、バッグの臭いが気になるときの対処法について、詳しく解説します。

 

革そのものが臭い場合

新品の本革商品を購入すると、革の臭いを強く感じます。この独特な臭いこそが、本革である証明のようなものなのですが、人によってはこれがどうしても苦手という方も珍しくはないようです。そもそも、なぜ革製品には独特の匂いがあるのでしょうか。

ご存知の通り、本革というのはもともと動物の「皮」から作られています。動物の皮は非常に柔らかく丈夫なのですが、そのままの状態で使用すると腐敗しやすく、時間の経過とともに板のように硬くなってしまうという欠点がありました。それを補うための技術が「なめし」と呼ばれるもので、薬剤を使って皮を腐りにくい「革」へと仕上げます。革製品独特の臭いの正体は、皮をなめす時のなめし剤の臭いというわけです。

では、この臭いが気になる場合にはどうしたら良いのでしょうか。最も簡単な方法としては、市販の革製品用消臭剤の使用ですが、これはあくまでも一時的に臭いを消すだけであって、臭いのもとから断ち切ることはできません。まずは風通しの良いところに何度か陰干しして、できるだけ臭いを飛ばすようにしましょう。その後、不要になった靴下やハンカチなどに重曹を適量つつみ、それを鞄のなかに入れておきます。重曹には消臭効果があるため、そのまましばらく保管しておくことで革製品独特の臭いを和らげてくれるようです。ただし、重曹が直接革部分につくと変色の原因になりますので注意しましょう。

 

香水やたばこの臭いがする場合

 

革のバッグについたタバコや香水の臭いは意外と気になるものです。臭いのついたバッグをそのままクローゼットにしまうと、クローゼット内の洋服や他の布製品にも臭い移りすることがあるため、きちんと臭いのもとを取り除く必要があります。

では、香水やタバコなどの臭いがバッグについてしまった場合、どのようにお手入れすればよいのでしょうか。実は香水やタバコなどのように、後から付着した臭いに関しては比較的簡単に取り除くことが可能なのです。おすすめは革専用のクリーナーを使う方法。ムース状になったクリーナーをクロスにつけて、丁寧に拭き取りましょう。その後、風通しの良いところで陰干しをすれば気になる臭いはほとんど消えます。

 

カビ臭くなってしまった場合

革のバッグがカビ臭い場合には、表面上のカビを拭き取っただけでは臭いを取り除くことができません。必ずカビ除去専用のスプレーなどを使って、しっかりとカビの原因を除去することが大切です。また、使用後には革製品用の除菌スプレーなどでしっかりと汚れを拭き取り、クローゼットなどへしまう前に風通しの良いところに干すようにしましょう。

革製品のなかでも高級レザーを使ったバッグの場合は、自分で手入れをすると素材を傷めてしまう恐れがあります。少々コストはかかるかもしれませんが、正規店や信頼のおけるクリーニング店などに相談してみる方が安心でしょう。