金属アレルギーの症状と対策について

ネックレスや指輪、ピアスなどのジュエリーを身に付けていると、肌に触れている部分がチクチクしたり、痒くなったりすることはありませんか? 実はそれ、金属アレルギーが原因かもしれません。その日のファッションに合わせてアクセサリーを楽しみたいのに、金属アレルギーが原因で身につけることができない方は意外と多いのです。そこで今回は、金属アレルギーについて原因と症状、そしてその対策について詳しく解説していきます。

 

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状には大きくわけて「金属接触アレルギー」と「全身型金属アレルギー」の2種類があります。それぞれの症状を詳しく見ていきましょう。

 

金属接触アレルギー

ピアスやネックレス、腕時計などが肌に触れている部分に、痒み、湿疹、炎症といった症状が表れるもので、金属アレルギーのほとんどがこの種類に分類されます。アクセサリー以外にも、稀に歯科治療に用いられる金属によって口の中に症状が出てしまうことも。

 

全身型アレルギー

体の中に入った金属によって全身症状となって表れる金属アレルギーのことです。例えば、歯科治療に用いられた金属が、唾液によって溶け出して体内に入り、体内に入った金属イオンが汗と一緒に額から排出されたときに、額に湿疹などのアレルギー症状が表れます。金属接触アレルギーよりも深刻なトラブルとなるケースが多い一方で、皮膚科の医師でも原因を特定することが難しく、ほかの病気と誤診されてしまうことも多い病気です。

 

 

金属アレルギーの原因

では、金属アレルギーはどうして起きるのでしょうか。主な原因としては、金属が汗などの体液によって溶け出し、それがイオン化して体のたんぱく質と結合することで、痒みやかぶれといったアレルギー症状を引き起こすと言われています。特に、ピアスやネックレスといったアクセサリー類は肌に直接触れるため、金属アレルギーの原因としておよそ8割を占めているようです。中でも耳などに穴をあけて身につけるピアスは、血液や体液に直接触れるため、金属アレルギーの症状が出やすい傾向にあります。初めてピアスを着用する場合には、イオン化しやすい金属が使われた安物のピアスを避けるなど、充分な注意が必要です。

 

金属アレルギーの対策

金属アレルギーというのは、一度発症してしまうとその体質が続く傾向にあるのが特徴です。そのため、金属アレルギーの対策として大切なことは、発症しないように「予防」することだと言われています。ニッケルやコバルト、水銀、クロムなど、金属アレルギーを起こしやすい素材を使ったアクセサリー製品は可能な限り避け、金や銀、プラチナ、チタンなどのように安全性を考慮した素材のアクセサリーを選ぶようにしましょう。また、夏場やスポーツなどで汗をかく場面では、できる限りアクセサリーを外すことも大切です。

金属アレルギーの方でも安心してつけられる素材は数多くあります。上記の内容を参考にして、金属アレルギーの症状が出にくいものを使ったアクセサリーで、おしゃれを楽しみましょう。