ゴールド製品のアクセサリーのお手入れ方法

マリッジリングのように特別なジュエリーから、普段使いのアクセサリーまで、さまざまなシーンで女性の魅力を引き立ててくれるゴールド。普段からしっかりと手入れをすることで、美しさを長持ちさせることが可能です。そこで今回は、ゴールドアクセサリーのくすみや変色を防ぎ、しっかりと保管するためのお手入れ方法について、詳しく解説していきます。

 

ゴールドアクセサリーのお手入れに必要なもの

ゴールドというのは、比較的錆びにくく美しさが持続する金属だと言われていますが、それは純金の場合だけで、ピンクゴールドやイエローゴールドなどのように銀や銅など他の金属が配合されている場合には、錆や変色、くすみなどが出てしまうこともあります。特に、長時間身に付けているアクセサリーはホコリや汗、皮脂などが付着してしまうため、日頃からこまめにお手入れをする必要があります。

では、ゴールドアクセサリーをお手入れするには、どのようなアイテムがあると便利なのでしょうか。市販されているグッズの中には、ゴールド専用のクロスや洗剤なども売っていますが、実はこうした専用のグッズを用意しなくても、身近にあるもので、簡単にゴールドの輝きを取り戻すことができるのです。

 

中性洗剤

お洒落着洗い用の洗剤や、食器用洗剤などがおすすめ。ない場合には、練り歯磨きでも代用が可能です。

 

柔らかいブラシ

たわしなどのように硬すぎるブラシではアクセサリーの表面を傷つけたりメッキが剥がれたりしやすいので注意しましょう。柔らかめの歯ブラシがおすすめです。

 

柔らかい布

タオル地は毛羽立ちがついてしまうこともあるため、ガーゼや手ぬぐいなどの柔らかい布がいいでしょう。

 

 

ゴールドアクセサリーのお手入れの方法

ゴールドアクセサリーをお手入れする場合には、以下の手順で進めていきましょう。

 

流水で洗い流す

まずは流水で洗います。洗面所や風呂場で洗う場合には、間違って排水溝へ流してしまう心配がありますので、必ず桶やバケツなどを準備して、丁寧に汚れを洗い流していきましょう。

 

ぬるま湯に中性洗剤を混ぜる

洗面器やボウルなどにぬるま湯を入れたら、中性洗剤を適量混ぜて良く溶かしましょう。

 

ゴールドアクセサリーを浸す

中性洗剤を溶かしたボウルにゴールドアクセサリーを入れて5分程度浸しましょう。表面に付着した皮脂汚れがきれいに浮かび上がります。練り歯磨きを使う場合は、柔らかめの歯ブラシに練り歯磨きをつけて、アクセサリーを優しく磨いていきます。

 

ガーゼなどで優しく汚れを落とす

中性洗剤の入ったぬるま湯に浸しておいたアクセサリーを取り出し、ガーゼなどの柔らかい布で優しくこすり汚れを取り除きましょう。

 

すすぎ&乾かす

汚れがきれいに落ちていたら、もういちど流水で洗い、ガーゼなどでしっかりと乾かし、完全に水分を取り除きます。

 

 

ゴールドアクセサリーをお手入れするときの注意点

ゴールドアクセサリーのお手入れをするときには、とにかく優しく扱うことが大切です。特にアクセサリーにGF(金張り)、GP(金メッキ)、PP(プラチナメッキ)、WG(ロジウム加工)といった刻印がされているものは、メッキ加工がされているという意味ですので、歯磨き粉や歯ブラシを使ったお手入れは絶対に厳禁です。力強く擦ってしまうことで、表面のメッキが剥がれてしまったり、余計にキズがついてしまったりすることもあるので注意しましょう。

お気に入りのアクセサリーはいつまでも大切に使い続けたいものです。上記の内容を参考にして、ゴールドアクセサリーをこまめにお手入れしていきましょう。