電動ドライバの選び方

 

電動ドライバの選び方

あると便利な電動工具。
しかし「使いたいけど、どれを選べばいいのか、わからない……」という方も少なくないのではないでしょうか。中でも、最も需要があるのはインパクトドライバなどの電動ドライバ。悩んでいる方の多くは「一般家庭のネジ締め」を用途に考えています。組み立て式家具やネジの調整など、軽作業に向いた手軽なものを欲していることが多いと思います。


 

一般家庭の軽作業にプロ用高額モデルは必要ありません。
多くの電動工具メーカーは「プロ用」と「DIY用(一般家庭用)」のラインナップを揃えています。その中で「DIY用」から選べばいいのです。
家庭でのネジ締めには低いボルト数で充分。逆に高いボルト数のモデルはプロ用なので高額なうえに、パワーも機能も持て余してしまうはずです。またハイパワーになるほど本体も大きく、重くなりやすい傾向なので、職人さんでないと取り回しだけでも苦労してしまうでしょう。

長く使うことも大切ですが、家庭のネジ締めに使う程度で通電せずに放置していると、動かなくなってしまうこともあります。これはしっかりしたプロ用モデルでもあり得ることなので、高い買い物をして放置し、ダメにしてしまうことも考えられます。簡易的なものであれば、もし壊れて買い替えても、出費の面でも痛くないでしょう。

選ぶうえで機能やパワーより重要なのは、コンセント式かコードレスか。
近年、電動ドライバはコードレスモデルが一般化しています。電源の場所やコードを気にせず作業できるのは、掃除機と同じで可動領域がグンとアップするので動作できることが豊富になります。

「それでも、できればいいものが欲しい」という方には、電動ドライバではなく電動ドリルという手もあります。電動ドリルには「クラッチ機構」がついているので、ネジが奥まで刺さったと感知したら本体が自動的に回転を止めてくれます。しかもドリルなので、木の板などに穴をあけることも可能。DIY目的であれば使う可能性があるので、長い目線でドリルという考え方もいいと思います。
個人的にですが、私は小さくて保管もしやすいペンタイプのドリルドライバを愛用しています。小さくて曲げることもでき、取り回し抜群。パワーも家庭では申し分なく、小さな本体が引っかかるほど狭い場所には長さのあるビット(先端金具)を使えば問題なし。手で回せば手締めも可能なので重宝しています。

もうひとつ。「あるといいな」というのが「マルチツール」。
これは先端のアタッチメントを交換するだけで、多種多様な作業ができるもの。木材のカットや研磨、切断や剥離など、専門の道具を揃えなくてもさまざまなことができます。
使いこなすにはコツが必要ですが、自分の用途に合ったアタッチメントを買い足せばいいのでコスト面でも助かります。ちょっとしたDIYに向いており、専門工具の代用から、長く使う愛機にもなるかもしれません。

いかがでしょうか?
電動工具も、バッグや財布と同じく「なるべくいいものを」と思ってしまいがち。しかしバッグを大きさで選んだり、財布を小銭入れの有無で選ぶのと同じように、電動工具も自分の用途に合ったものを選べば、選択肢は絞ることができます。ひとつあるだけで、劇的に作業効率が上がる電動工具。
考え込まずに、いっそ軽い気持でデビューしませんか?