ダイヤモンドの価値はどうやって決まる?

数ある宝石の中でも高い人気を誇っているダイヤモンド。その価値を決めるポイントは4つの「C」です。CUT(カット):形、COLOR(カラー):色、CARAT(カラット):重さ、CLARITY(クラリティ):輝き。これらがプロの目で査定され、ダイヤモンドの価値や価格が決まります。では、それぞれの「C」について、どんな点が評価の基準となるのかを見ていきましょう。

ダイヤモンドのカットとは

カットとは、研磨によって作られる「形」のことです。ダイヤモンドの輝きは入ってくる光の反射によるものですから、光を受ける面の形によって大きく印象が変わります。全体のプロポーションが美しく、面の取り方が正確であり、研磨が平らで丁寧に仕上げられているものほど、素晴らしい輝きを放つのです。

また、ほかの3つの「C」は石そのものの品質によるものですが、カットは唯一人間の手が加わる部分。高い技術とセンスをもつ職人だけがダイヤモンドの内なる輝きを引き出し、その価値を上げることができます。ランクは、最高位の「EX(EXCELLENT)」から最下位の「P(POOR)」までの5段階です。

 

ダイヤモンドのカラーとは

カラーとはダイヤモンドの「色」のことです。一般的にダイヤモンドは無色透明なものが最上とされています。

ランクは、最高位の「D」から最下位の「Z」まで、アルファベット順の23段階に分類。

「D」は完璧な無色透明であり、「Z」に近づくほど黄色味を帯びていきます。

「D」や「E」のカラーはほぼ採掘不可能という希少な品であるため、現在市場に出回っているダイヤモンドでは「F」や「G」が最高ランクとされているようです。

ただし、ブルーやピンクなどの色がついた「ファンシーカラー」のダイヤモンドは無色透明のものより高値で取引される場合もあり、評価は上記の限りではありません。

 

ダイヤモンドのカラットとは

カラットは石の「大きさ」だと誤解されがちですが、実は大きさではなく「重さ」を表す世界共通の単位です。1カラット=0.2グラムであり、カラット数が増えるほどダイヤモンドの価値も上がります。

ただ、小粒のダイヤモンドが多数使われている場合、合計のカラット数は増えますが、財産的な価値はそれほど上がりません。価値を求めるのであれば、1個石が1カラット以上のダイヤモンドを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、カラットの語源は、紀元前にダイヤモンドを計る際に使用されたイナゴマメの通称である“カロブ”。イナゴマメの乾燥種子は約0.2グラムでほぼ均一なため、おもりとして使われたようです。

 

ダイヤモンドのクラリティとは

クラリティとは、ダイヤモンドの「透明度」です。ダイヤモンドには、生成される段階で自然に入る亀裂や内包物(インクルージョン)、研磨する際にできるキズなどが存在します。これらが少ないものほど透明度は上がり、評価も高くなるのです。

ランクは、10倍のルーペで見ても傷や内包物が見られない「FL(Flawless)」から、

肉眼でも傷や内包物が確認できる「I(Imperfection)3」まで、11段階に分類されています。

4つの「C」は、購入する際の価格だけでなく、買い取りをしてもらう際の査定にも大きく影響する要素です。しっかりと把握しておきましょう。