K18など、ゴールドの種類と特徴について

貴金属のなかでも最も古い歴史を誇るゴールド。その価値を決めるのが「純度」です。装飾品としてはもちろん、現代では実物資産としても広く世界中で愛されているゴールドですが、純度による違いについて詳しく知らない方は多いのではないのでしょうか。そこで今回は、ゴールドの種類と、その特徴について詳しく解説していきます。

金の「純度」とは

ゴールドの指輪やその他の金製品などをよく見ると、「K24」や「K18」といった文字が刻印されているのに気付くと思いますが、それが何を表しているのかご存知でしょうか。金というのはとても柔らかいため、加工しにくいのが特徴で、ジュエリーなどを作る際にはほかの金属を混ぜて加工します。このようにして作られた金製品に含まれている「金の割合」を「純度」と言い、「K24」や「K18」といった数字で表しているのです。

ちなみに、日本では金の純度は24分率で表示していて、 K1ごとに4.14%ずつその含有率が増えていきます。つまり、「K24」は純度100%の金(純金)ということになるのです。では代表的な金の含有率について詳しく見ていきましょう。

K24(純金99.99〜100%)

純金の含有率がほぼ100%に近いものを指します。腐敗や変色に強く、美しい輝きが持続するのが魅力ですが、硬度が低いためジュエリーとしての加工されることはほとんどありません。主に資産価値目的とした製品として使われています。

 

K22(純金91.7%、混合物8.3%)

純金に近い色や輝きを持ち合わせているのが特徴です。一般ではあまり見かけることはありませんが、主にジュエリーとして用いられています。「金の含有率が高い=キズが付きやすい」ということですので、取扱いには注意が必要です。

 

K18(純金75%、混合物25%)

純度を保ちながらも、加工のしやすさと適度な硬さを持ち合わせているのが特徴です。カラーバリエーションも豊富で、ジュエリーはもちろん、時計やスマホケースなど幅広い用途で使われています。

 

K14(純金58.5%、混合物41.5%)

純金の割合が少ないため加工がしやすく、比較的安いためジュエリーとして市場に出回ることが多いようです。一般的に純金の割合が減ると輝きは劣ります。

 

K10(純金42%、混合物58%)

金よりも混合物の割合が上回っている製品を指します。金の価格が高騰すると多く市場に出回るのが特徴で、加工がしやすく安いため、ジュエリーとして加工されることが多いようです。

 

金の種類と特徴

一般的な金製品は、純金に銀や銅といったほかの金属を混ぜて加工されています。そしてこの配合によって、異なる色や輝きを楽しむことができるのです。では、その種類にはどのようなものがあるのでしょうか。金の種類と特徴について詳しく見ていきましょう。

 

イエローゴールド

純金に銀と銅を3対2の割合で配合したものです。色味は金色に近いものの、山吹色のような深い風合いが男性に人気です。

 

ピンクゴールド

純金に銀と銅を1対4の割合で配合したもので、合金の中で最も強度が高いのが特徴です。ピンクゴールドは特に女性からの人気が高く、ジュエリーとして数多く市場に出回っています。

 

ホワイトゴールド

純金に銀とパラジウムを3対2の割合で配合したものを指します。名前の通り白っぽい見た目が特徴で、男女年齢を問わずに幅広く愛されている合金です。

 

ブラックゴールド

純金にパラジウムやプラチナ、銀などを配合したものです。配合している金属が高価なものばかりですので、ほかの合金と比べて値段が高いのが特徴ですが、その独特な質感や上品な色味が特に男性からの人気を集めています。

 

ひとことに「金」と言っても、たくさんの種類があって、それぞれに特徴が異なります。上記の内容を参考にして、その違いや特徴を正しく理解しておきましょう。