シルバーの純度による違いについて

ゴールドのような華やかさはないけれど、シックで落ち着いた美しさが特徴のシルバーは、フォーマルでもカジュアルでもシーンを選ばずに使えるアクセサリーとしては優秀な素材。とはいえ、シルバーと言ってもその純度や混ぜる金属によって呼び名や風合いはさまざまです。そこで今回は、シルバーの純度と、その特徴について詳しく解説していきます。

 

ピュアシルバー(SV1000

純銀、いわゆる全く混じりっけのない純度99.8%以上のものを指します。非常に柔らかい反面、重さもあるため、アクセサリーにはあまり向いていませんが、金属の中でも特にアレルギー反応が出にくいため、食器や歯科治療などに多く使われています。ほかの金属が配合されていないピュアシルバーは、黒や茶色に変色しにくいのも特徴です。ファインシルバーと呼ばれることもあります。

 

ブリタニアシルバー(SV950

ブリタニアと呼ばれる銀95%に、銅などほかの金属を5%配合したもののことです。ほかの金属を混ぜているため強度が高く、さまざまなアクセサリーに使われています。銀には、叩く、曲げる、伸ばすといった作業を繰り返すことで、硬くなる「加工硬化」という特性があり、職人による手作業で仕上げられる一点物のアクセサリーなどでブリタニアシルバーは人気の素材です。ほかの金属の配合がわずか5%ですので、ピュアシルバーと比べても白く美しい輝きが劣ることはありません。繊細な印象が強く、どちらかというと女性に人気の高い種類です。ブリタニアシルバーのほかにも「五分落ち」と呼ばれることもあります。

 

スターリングシルバー(SV925

シルバーアクセサリーで最も多用されている種類で、スターリングと呼ばれる銀92.5%に、銅を7.5%混ぜたものを指します。ブリタニアシルバーよりも銅の配合が多いため、強度が強く、美しい光沢があるのが特徴です。また、スターリングシルバーは鋳造に適しているため加工がしやすく、有名ブランドのシルバーアクセサリーはその多くがこの種類だと言われています。アクセサリーの裏側などに、925、SV925、Silver925、SILVER925、Sterling、SILVER(Silver)というような刻印がされていた場合は、その製品がスターリングシルバーである証です。装飾品として加工のしやすさや仕上がりの美しさといった魅力がある一方で、配合されている銅が原因で金属アレルギーが起きてしまうケースもあります。

 

コインシルバー(SV900

銀の含有率が90%で、残り10%は銅をはじめとしたほかの金属が使われているものを指します。ピュアシルバーやブリタニアシルバーなどと比べると、ほかの金属の割合が特に高いため、最も硬度があり、雑貨や装飾品などに多用されている種類です。使われているほかの金属が硫化することで、黒や茶色に変色しやすいのが特徴で、金属アレルギーの原因となりやすいため、アクセサリーにはあまり向いていません。

 

シルバーは、その純度によっても買取り金額が大きく左右されます。上記の内容を参考にして、シルバーの種類を正しく把握しておくようにしましょう。