Pt999など、プラチナの種類と特徴について

エンゲージリングやマリッジリングなどの特別なジュエリーはもちろん、日常使いのアクセサリーにも使われているプラチナは、その純度によっていくつかの種類に分けられています。それぞれに特徴や価格が異なりますので、プラチナアクセサリーを購入する際には、その違いをしっかりと把握しておくようにしましょう。そこで今回は、プラチナの種類とその特徴について、詳しく解説します。

 

プラチナってどんな金属?

最高の貴金属と称され、その美しい輝きが世界中の女性を魅了するプラチナ。その起源はとても古く、およそ20億年前に隕石の衝突により出現したのがプラチナの鉱床だったと言われています。プラチナはほかの貴金属と比べても非常に希少価値が高く、南アフリカ共和国などの限られた地域でしか採れないのも特徴です。原鉱石1トン分から採れるプラチナはわずか3gのみ。細いリング1本分程度しか取り出すことができないのですから、どれだけ希少な物質かがわかるでしょう。

そしてプラチナのもうひとつの特徴が「色」。天然の純白だからその輝きに深みがあり、大変美しい表情を見せてくれます。そして、その美しい純白の輝きは年数を経ても色褪せることがなく、日常的に身に付けていても変色や変質の心配もありません。美しさを永遠に残すことができることから、エンゲージリングやマリッジリングなど「永遠の愛の証」に多く利用されています。

 

プラチナの純度と特徴

プラチナはゴールドと同様に、伸びやすく柔らかい物質のため、そのままではアクセサリーに加工するのが難しく、キズが付きやすいという特徴があります。そこで、強度や硬度を高めて加工しやすくするために、パラジウムやルテニウムといった異なる地金を組み合わせているのです。そして、でき上がったプラチナ製品の中にどのくらいの割合でプラチナが含まれているのかを「純度」で表しています。では、プラチナの主な純度とそれぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。

Pt850(純度85%

ISO(国際標準化機構)・一般社団法人日本ジュエリー協会がプラチナ製品として認めている最低ラインがこの純度になります。

Pt900(純度90%

その製品を構成する成分のうち、90%がプラチナであるという意味です。指輪をはじめ、ネックレス、ブレスレットなど、日本国内で販売されているプラチナ製品は、このPt900が一般的に使われています。

Pt950(純度95%

全体のうち95%がプラチナで構成されているものを指します。残りの5%には、パラジウムが使われていることが多く、別名「パラ割」とも呼ばれています。

Pt999(純度99.9%

プラチナの中でも最も純度の高いものを意味します。ほかの地金がほとんど含まれていないため、傷つきやすく柔らかいのが特徴です。

 

ハードプラチナとは

プラチナは伸びやすく柔らかい性質があるため、単体で使用すると加工しにくかったり、キズが付きやすかったりと言うデメリットが目立ちます。そこで、アクセサリーなどを作る際には、パラジウムやルテニウムなどの異なる素材を組み合わせることで、強度や硬度を高めていました。このように、プラチナの割金として利用しているパラジウムに加えて、「イリジウム」という素材を組み合わせたものが「ハードプラチナ」です。イリジウムを少量加えることによって、通常のPt950やPt999よりも高い硬度や強度が実現されます。

 

プラチナ製品は、その純度によって買取金額が大きく左右されます。製品を購入する際や、所有しているプラチナ製品を買取りに出す場合には、上記の内容を参考にして純度を意識することも大切です。